『フェル・レポート 尋問調書』より


※「ゆう」訳。原文は「近藤昭二『731部隊・細菌戦資料集成(CD−ROM版)』desk3」に収録。概説書等に部分訳がある場合はそれを参考にしました。自分の勉強用にざっと訳してみたもので、不明部分を適宜省略するなど、かなり荒っぽい訳になっています。翻訳の正確さについては責任を持てませんので、参考程度としてください。


増田知貞尋問調書

日付 1947.4.22
尋問者  Dr.N・H・フェル、マックウエル大佐、メラー少佐、吉橋通訳
被尋問者 増田知貞(元大佐、満洲第731部隊)
       亀井貫一郎(増田のスポークスマン)

1(略)

2(略)

3.亀井は、同日の早い時間に増田と彼との間で交わされた会話に言及する許可を要求し、次の内容を述べた。


 増田はあなたに協力したがっている。しかし攻撃的な生物戦の研究の情報はデリケートであり、以前この分野にかかわっていた日本人たちはそれについて話をすることを非常に恐れている。

 石井は彼の部下たちに嫌われており、生物戦研究において人体実験を指揮したと石井を告発し、戦犯として訴追すべきだとした匿名の投書が敗戦後間もなくSCAPにいくつか送られてきた。

 その結果、日本人たちは彼らや他の人間を巻き込む懸念から、情報を明らかにすることを恐れた。サンダース中佐やトンプソン中佐による尋問は降伏後まもなくすぎた。しかし、実験の詳細にわたる成果を実際に知っている隊員に、あなたの調査が純粋に科学的見地から行われるものであることを納得させることができれば、より多くの情報を引き出すことができるだろう。

 生物戦の試みが、中国中央部の中国軍に対して行われたことに、疑問の余地はない。爆弾は元々、一部の敵による生物戦の可能性に対抗する防衛的手段として開発された。しかし、生物爆弾の強力な攻撃的価値、特に炭疽菌を搭載した場合の価値が、まもなく明らかになった。

 増田の二人の友人、内藤と金子は、これらの試みについての明確な情報を持っている。彼らと会ってみることをお勧めする。

 第一復員局の井上は、あなたの訊問の目的のため、命令を受けるべきである。あなたが「戦争犯罪」を調べているわけではないことを初めから保証してやることは、あなたが調査しようとする人々に対して安心感を与えるだろう。


4.増田は1937年以降の彼の配属先について質問を受けた。その答えは事前の情報と一致していた。1941−43年、東京の軍医大学校にいた間、彼は満洲731部隊と接触を持った。彼は1945年に部隊に戻り、戦争の最後の一ケ月を第三部部長として過ごし、設備と記録の破壊を監督した。増田は、残存したノートブックを、次回のミーティングに持ってくる、と言った。

5.増田のヒアリングが終ったあと、亀井はフェルに、ささやくように以下の内容を語った。


 増田は私に、人間に対して実験をしていたことを認めた。犠牲者は死刑判決を受けた満州人囚人だった。

 これら人体実験にかかわった人びとは情報を決して漏らさないと誓約していた。しかし、貴方が科学的見地から調査を行うのなら、もっと詳細な情報を得られるだろう。




亀井貫一郎との会談

日付 1947.4.24
尋問者   Dr.N・H・フェル、マックウエル大佐、メラー少佐、吉橋通訳
被訊問者  亀井貫一郎とその秘書、アラマキヒロト

1.亀井は電話で特別な会談を要求した。席上、次の様に語った。


 私は、金子と内藤のインタビューの件で、第一復員局の井上と接触した。井上は、彼らと最初に会いたい、と言っていた。

(略)

 日本の生物戦に関する情報はすべてドイツに渡されていた。ドイツの大規模な研究所がソ連に占拠されたので、ソ連側は日本の生物戦について熟知しているかもしれない。日本側は黙秘を続けた方が得策と思っているようだ。




 増田の知識の範囲で簡潔に説明しよう。

 生物戦研究の早い段階で炭疽が攻撃用病原体として最も優れていると確信した。病原性の異なる何種類かの菌株が発見された。最も有効な菌株が開発され、動物について大規模な実験および試験が行われた。……人体実験も行われた。炭疽菌の感染は次のような方法で行われた……

 ア.経口、あるいは汚染食物
 イ.呼吸器
 り.傷口からの感染
 エ.注射

 試験の結果、感染から約一週間で人を死亡させる炭疽の菌株を発見した

 ……生物戦について最も良く知っているのは増田、金子、そして内藤である。もし彼らをアメリカの支配地域に連れていけば、記憶に基づきすべての記録を再構成するだろう。

 サンダース中佐の尋問の後、日本側は彼らの逃げ腰の、あいまいな答を受け入れてもらったので、ほっとした。サンダース中佐はこの件についての技術的な方面はあまり詳しくなかった。

 人体実験は科学的結論に達するほど大規模に行われていた。感染方法は徹底的に試され、結果や結論は想像に基づいているというわけでは決してない。金子が中国人を使った実験の結果を知っている。これにはペスト菌を使った実験も含まれている。


(略)



増田知貞、金子順一、内藤良一との会談

日付 1947.4.28、29、30、5..1
尋問者   フェル博士、マックウエル大佐、メラー少佐(4.29のみ)、吉橋通訳
被尋問者 増田知貞、金子順一、内藤良一

1.1947年4月28日、日本人は16:00に到着し、彼らが所有する情報の概略を提出するように指示を受けた。彼らは、29日に完全な概略を持ってくることに同意した。(略)

2.1947年4月29日、彼らは概略を持ってきたが、そこに記されていたのは先立っての尋問で既に述べたことや細菌戦の防御面のことばかりだった。質問に対する回答、彼らの答えた内容は以下の通りである。


 見たことがない実験について話をすることは困難である。私たちが知っているのは伝聞に基づく情報だけである。増田はすべての菌種の有効性について、詳細は無理だが、その結論を提供することができる。生物戦の基礎は有効な病原体の中で最も病原性の高い株を発見することであり、増田はそれについては話ができる。後日、誰が詳細な情報を提供できるのか、私たちには分からない。



3.3人の日本人は、柄澤と川島がロシア人にもらした情報について告げられた。彼らがいやいやながら語ったところを引用する。


a.3人全員

 川島は細菌戦において重要人物ではない。彼は予防ワクチン製造の専門家であった。柄澤は有能な医者であり、細菌の大量生産に携わる能力を持つ細菌学者であった。山口は爆弾実験を担当する技師だった。小池は死んだ。太田はたぶん、総務部長として、平房で行われた業務の全般的な詳細を知っているだろう。彼は技術的な詳細は知らないように思われる。

b.増田

 炭疽菌の対人最小致死量に関する質問についてだが、……杭に縛りつけた家畜で試験をした。動物は汚染された爆弾の破片によって感染し、死亡した。……この種の人体実験をしたと聞いたことはあるが、見たことはない。

 全部で一〇〇〇〜二千人が使われたというのは聞いたことがない。犠牲者の数を見積もることはできない、できるのは実験の結果だけだ。ワクチンを接種しその後感染させる実験については知らない。

 ……ワクチンがなかったし、免疫についての知識がなかった。実験は石井が指示し、実験に従事したのはそのために別々に集められた人たちだった。

「ゆう」注 省略部分は、主として実験データの詳細。この段階では、まだ増田は人体実験を認めていない)



 日本人はしばらくの間彼等同士で話をしていた。通訳の吉橋が言うには、内藤は「すベて話した方がよい。フェル博士はすでによく知っている」と言った。増田と金子は、自分たちはわからない、と答えた。

 そして内藤は言った。



 私たちはGHQに協力するつもりであるし、そうする義務があることも知っているが、私たちの友人たちに対しても責任がある。私たちは人体実験について暴露しないという誓いを立てた。仲間の誰かが戦犯として訴追されることを恐れている。

 他の部隊員が吾々にどれだけ情報を提供するかわからない。もし文書による免責が与えられるなら、すべてを明らかにできるだろう。部下たちが、班長ではないが、彼らが詳細を知っている。我々がその中のコミュニストと接触したら、彼はロシア人に話をしてしまうかもしれない。



4.日本人は戦争犯罪に問われないと保証された。フェル博士は三人がもってきた概要を読み直し、さらに必要な部分を指摘した。

5.討議は再開され、次の様な言説があった。


a.内藤 「石川は、満洲の風土病である、流行性出血熱の権威である。その致死率は??」(「ゆう」注 ??は原文通り この辺り、判読困難であった様子)

b.増田 「私が?年に聞いたところだと、100メートルの上空から、飛行機で10キロのペストノミが投下されたという。100人が感染し、90人が死んだ」

c.金子 「私が聞いたところだと、2?キロがCHAN_CH
(「ゆう」注 地名?)に投下されたという。そして腸チブス菌も試された。どちらも効果はなかった」

d.内藤 「吾々は京都で詳細な情報を得ることができる。私はその地域に住む人物と接触するところから始めたい」



6.4月30日、増田、内藤、金子は、文書を提出した。そして増田は言った。



 私はきのうのミーティング以降、私の友人たちと話し合い、今日までまだ明らかにされていない人体実験についての情報をあなたに対して明らかにすることの許可を得た1938(?)年から始められた人体実験の遂行において、それに従事する人たちは実験の詳細を漏らさないという誓約をしていた。

 サンダース博士に嘘の情報を伝えたわけではなく、すべてを伝えてはいなかったというだけのことである。

 現在の世界情勢を考えると、アメリカかソ連が世界を支配する、というのが私の意見である。私自身はアメリカの方を好む、そしてアメリカに協力したいと思っている。

 したがってもはや誓いは無効であると感じている。内藤氏も私に同意しており、またこの見解に到達するうえで大いに私に影響を与えた。



7.この日に提出された概略のハイライトは次の通り。

 増田「炭疽菌とペスト菌の人体に対する最低有効投与量」
 内藤「バクテリアに皮膜を施す方法」
 金子「粒子のサイズの計量法」



8.全般的な討議において、次の様な言説があった。



a.増田 「私はいくつかの点でもっと詳細な情報が得られる人物を知っている。彼らは東京に住んでおり、私は彼らに会うつもりである」

 「(略)我々は完全に平房を破壊した。私は400キロの乾燥組織を焼いて破棄した。(注.この量はあまりに大きいが、この時はこのまま受け入られ、後日のチェックでも何の質問も出なかった。増田はのちにこの言を40キロに修正し、平房全体での総生産量が400キロであると言った) 他の菌種も同じように破棄された」

 「ソ連が尋問しようとしている四人
(石井、太田、菊池、村上隆中佐)は攻撃的生物戦について知識が豊富だ。彼らからの情報が欲しいが、私には彼らに連絡をとって欲しくないということであれば、私は彼らに見せるための手紙を書こうと思う。あなたにはすべてを知らせるように彼らに告げよう」



9.内藤は、もしフェル博士が植物に対する生物戦に興味があるのであれば、東京抗生物質協会の八木沢行正がこのテーマでの研究を行っている、と言った。

10.5月1日、フェル博士は日本人に対し、入手したい情報についての詳細な調査票を与えた。そして増田と金子は完全なレポートにとりかかることを約束した(「ゆう」注 60ページの英文レポート?)。内藤は、京都・大阪地区の人物と接触することを約束した。



(2016.11.23)


HOME