凍傷実験、吉村寿人の「弁明」
凍傷実験、吉村寿人の「弁明」




朝日新聞 1972年10月23日(金)夕刊

科学者の戦争責任 学術会議で討論を 有志が要望書

「南極委に満州の生体実験者」

 日中の国交正常化で、学術面でも交流が再開されようとしているが、物理学者、精神科医、歴史家らから成る科学者有志は、二十三日「日本の医者が、中国人を相手にした生体実験など、科学者の戦争責任をはっきりさせることが先決であり、二十五日から始まる第六十二回日本学術会議総会で、この問題を考慮すべきである」との越智勇一同会議会長あての要望書を高富昧津雄同会議事務局長に手渡した。

 この要望書は、野上茂吉郎東大教授、井上清京大教授、岬暁夫埼玉大助教授、高橋晄正東大講師ら十五人が発起人となっており、十月初めから署名運動を始め、これまでに百四十人の科学者の署名を集めた。

 要望書は「科学者はまず戦争責任を自らの問題として背負い、将来再びこのような事態が起ることを防ぐ基本的姿勢を確立しなければならない」との前提に立ち、同会議の南極特別委員会が、かつて満洲(現中国東北地方)で生体実験に従事した二人の軍医を委員に加えた責任を追及している。

 この日記者会見した小林司神経研究所研究部長らの話によると、昭和三十年に設置された南極特別委員会の医学部門の委員になった北野正次(現ミドリ十字嘱託医師)、吉村寿人(現兵庫医大教授)両医師は、旧満洲ハルビンで現地人三千人以上を使って生体実験を行い、細菌戦用兵器の研究などをした関東軍七三一部隊(石井部隊)に属していたという。

 北野医師は、一時、部隊長もつとめ、中国人らにワクチン接種もせずに発しんチフスの菌を注射して病状を調べ、吉村医師は、中国人らの手足を零下四〇度に凍らせたうえで、水をかけたり、湯をかけたりして凍傷の実験をした、という。

人体実験してない

 吉村寿人氏の話 私は、兵隊や現地人たちを相手に、つめたい水につけた指の温度がどのように変るかを測ったりして、寒さに対する抵抗の民族差を研究していた。手足を凍らせて湯をかける実験は、動物実験であり、人体実験はしていない。七三一部隊は、主に細菌戦の研究をしていたが、私はそれには加わっていなかった。といって、私に責任がないというわけではない。そもそも戦争というものが悪いのだ。

昔のこと忘れた

 北野政次氏の話 南極観測には、私が満洲(現中国東北地方)で長い間寒さを経験したのを買われてひっぱり出されたのだと思う。向うでは、七三一部隊の隊長を三年くらいつとめたが、もう昔のことなのでくわしいことは忘れたし、日中の平和条約が結ばれるまでは沈黙を守りたい。

(吉村寿人『喜寿回顧』P177所収)



毎日新聞 1982年11月4日(金) 23面

「日本生気象学会」育ての親
吉村役員を解任

「石井部隊」での実験問われ


 旧関東軍第七三一部隊(通称石井部隊、部隊長・石井四郎中将)による生体実験が問題になっている折、日本生気象学会(会長、菊池正一・順天堂大教授)は、同学会育ての親でわが国環境適応医学の権威である吉村寿人・元京都府立医大学長(七五)が同部隊研究班を率いた最高責任者の一人だったことを重視、同学会役員を事実上解任していたことが三日明らかになった。

 凍傷の予防、治療法確立のため、多数の捕虜(マルタ)を使い生体実験をしたことが指摘されており、同学会では「本人がどの程度関与したかはわからないが、学者としての責任は免れず、放置しておけば学会の姿勢そのものが問われかねない」として今回の異例の処分となった。(以下略)

「生体実験していない」吉村氏

 吉村寿人・元京都府立医大学長はこのほど、京都市内の自宅で毎日新聞記者と会い、生体実験の疑惑などについて苦しげな表情で語った。一問一答は次の通り。

 ― 冷凍装置で凍傷の生体実験をしたと指摘されているが。

 当時はまだそういう装置はなかった。対ソ戦略のため、防寒具が氷点下七〇度でも耐えられるかどうか調べたいというので、冷凍装置を作った。資材の到着が遅れ、終戦間際にようやく試運転にこぎつけた。ところが、ソ連の参戦で爆破した。この話を少年隊員が聞きかじって、そういう話になったのではないか。

 ― 民族別の凍傷予防研究を行ったというが。

 中指を氷水につけて反応を調べる方法は、ハンチング反応といい、今も使われている方法だ。当時氷点下四度にならないと凍傷にならないことが関東軍の調査でわかっていたので、零度で実験した。しかも、マルタを使ったのではなく、現地人の協力を得て調査した。生体実験などというものではない。私はマルタを管理している特別班には近寄らないようにしていた

 その後、凍傷治療を研究することになり、部下の軍医中尉にやらせた。彼からの報告はあったが、あまり聞かないようにしていた。彼が何をしたか、よく知らない

 ― 赤ん坊を凍傷予防の研究に使ったというのは事実か。

 この問題は四七年に学術会議で問題になり、共同研究者の技師(四八年に死亡)に問いただした。彼からは手紙で「自分の赤ん坊を使った」と知らせてきた。手紙は今も持っている。当時、生命は羽のようなものと考え、軍隊に協力することは名誉と考えていた。自分の子供を実験に使うことは問題ではなかった。ジェンナーが天然痘の種痘を初めてやったのも自分の息子じゃないですか。

 ― 石井部隊に入ったのはなぜか。

 大学の恩師から「満洲へ行け」といわれた。断ったが、行かないと破門する、といわれた。

 ― 自分では生体実験をしていないというが、部下の監督責任はあるのではないか。

 監督責任はあるかもしれない。しかし、軍隊に入ったら仕方のないことだ。

 ― 科学者としての倫理、良心の問題はどうか。

 倫理といわれても、私はマルタは使ってない。部隊に入ったこと自体が間違いだった



吉村寿人『喜寿回顧』

 私が属していた部隊に戦犯事項があった事が最近、森村誠一氏「悪魔の飽食」に記載され、それがベストセラーになった為に国内の批判を浴びる様になった。しかし私の属した部隊は細菌戦の事を研究していたのであるが、最初に記した様に私は生理学者であった為に部隊の本来の仕事とは別の研究をやっていたのである

 従って、此らの新聞やマスコミは世間の耳目を引く為に私に無関係の事をいかにも私が責任者であった様に書くのは全くの捏造である。多少社会的な地位を得た私を引き合いに出してあたかも自分達の手柄話しにしたい為の作文に過ぎない。

 個人の自由意志でその良心に従って軍隊内で行動が出来ると考える事自体が間違っている。軍の何たるやを知らず、ましてや戦争の本質などを知らない若い記者が現在の民主主義時代の常識から書いた誤報である事は歴然としている。

 そんな個人の良心によって行動の出来る様な軍隊が何処にあるだろうか。殊に当時は武官と軍属の間には明確な格差がつけられ武官は軍属の命に服する必要はなく、逆に軍属は武官の命には絶対服従を強いられていた。しかも、個人の良心によって部隊長の命令に反する行動は絶対に許されなかった時代である。

 しかも私が戦時中に属していた部隊において戦犯行為があったからとて、直接の指揮官でもない私が何故マスコミによって責められねばならないのか、全くのお門違いの事であり、マスコミの何らかの意図的な動機によるとしか判断の仕様がない。

 私はこんなお門違いの所(検B)一1を見よ)で国家奉仕することが出来る筈の無い事は始めから判っていたので、部隊長にお願いして寒冷馴化(耐寒性)の研究をやらせてもらう事にした。

 それでも新聞や石井部隊の事を書いた書物にはまるで私が悪魔であったかの様に書かれている。しかし私は軍隊内に於て凍傷や凍死から兵隊を如何にしてまもるかについて部隊長の命令に従って研究したのであって、決して良心を失った悪魔になった訳ではない。

 ただ当時は戦争中であって部隊は臨戦態勢をとっていたことだけは御了解願い度い。「悪魔の飽食」中に書かれた私に関するものには随分とひどい誤解やフィクションに満ちたものであることはここに断言する。本書を読まれた皆様には私を信頼し、私個人はそんな悪魔でなかった事を信じていただき度い。(P34)



吉村寿人『喜寿回顧』

(後記) 既に第1篇F.3の写真の説明の所にも記した様に私は日本生気象学会結成の1962年より1971年迄会長をつとめたあと、ずっと同会の幹事として会の充実に努めて来た。昭和55年に名誉会員制が出来て私も名誉会員に推されたので、一応幹事を辞任したいと申出たが折角選出された事でもあるから、もう一期だけ勤めてくれとの会長よりの強い希望でしばらく御引受けする事にした。

 約1ケ年余は幹事は勤めたが、たまたま昭和57年夏に老人性肺結核にかかり、到底その年の幹事会(北海道)には出席出来ないと考えて、名誉会員で幹事をつとめる事自体が異例の事でもあり、菊池会長に対し今度は病気でもあるから、是非共に幹事を辞任したいと申入れて了解をとった。

 その後(同年10月28日)毎日新聞社会部の飯島記者が来訪し、私の満州で行った仕事についてインタビューを申入れたので、色々と当時の資料などを見せて、私は細菌戦とは無関係な凍傷の研究をやり、たまたま興安嶺方面の住民の衛生調査を行った機会にその凍傷抵抗性を測定し、比較民族学的な耐寒性の研究として欧文論文にも発表したもので、今日さわがれている浮虜の生体実験ではない事をよく説明し、同記者もよく判りましたと言って帰えったのであった。

 所が57年11月4日の毎日新聞朝刊に「731部隊の責任を問い、日本生気象学会執行部は同学会の育ての親である吉村元京都府立医大学長を、同学会の役員解任の処分にした」と言う大きい見出しの記事を報じた。

 全く寝耳に水の事であるから早速菊池会長に会い事実を質した所そうした事は全然無根の事であり、又会長談として記してある記事も全く事実無根である事が明かになった。

 そこで早速私は飯島記者に電話で抗議し、菊池会長も文書で学会長の名の下に毎日新聞社会部に対し、抗議と取消し文の掲載を申入れると同時に、会の幹事や会員にも毎日新聞が勝手に誤報した事を知らせる文書を発送した。

 又このことを伝え聞いた世界日報(常に正確な情報を提供し、正論を書く事でサンケイ新聞と共に有名である)は早速私共にインタビューを申入れ、よく事実を調査した上で添付の. (12).2の記事を57年11月13日朝刊に発表した。そして毎日新聞の言論機関としての姿勢と反省を要望している。

 今日の新聞は確かに偏向し、毎日新聞の様な大新聞でも捏造記事をデッチ上げて大々的に戦時中の731部隊関係者を社会的に制裁しようとしている。私は単に軍属であって、陛下の命令のままに国を守るために同部隊員として滅私奉公の誠を尽して来た。それを何故に私個人の名誉を捏造記事迄書いて傷つけようとするのか、その真意は我が国民の名こおいて正す必要がある。(P183-P185)



吉村寿人『喜寿回顧』

 これもその一例であるが、支那事変の始まった頃、北満に石井部隊が編成せられ、当時の医学部長戸田正三先生、清野、正路、木村の諸先生のはからいによって私共京大の助教授・講師級の若い者が8名(病理学3、微生物学2、生理学2、医動物学1)がその軍属として派遣せられる事となった。

 その時私は石井部隊は防疫部隊であるから、生理学者の行く可き所ではないと考えて辞退したが許されずやむなく石井部隊に入隊した。この事情は既に喫Cに詳述したので省略する。

 さて石井部隊に入隊はしたが、一体何をすべきか大いに迷った。その時に京大に居た頃に久野先生が友禅染の職工が冬の冷い加茂川に入って布を晒しているのを見て、彼らの足を冷水に浸した時の寒冷血管反応を調べておられた事を思い出し、それにヒントを得て凍傷抵抗性の研究をする事に決心して部隊長の許しを得た。

 渡満して3年を経た昭和16年には日米戦争が勃発して、国をあげて戦争に協力する情勢となったために、最初の約束の通り京大へ帰してくれとは言いそびれてしまった。しかし、その内に京大より同行した8人組の大部分は途中から技術将校に転出した田中英雄君を除いて、何がしかの口実を設けて恩師よりの招きによって母校に復帰した。(P313-P314)

 しかし真面目に先生からの呼び返しを信じていた私には遂に誰からも呼んでもらえず、昔の俊寛の心中もかくやと思われた。

 私にとって石井部隊は全く地獄のように思われ、部隊に居る事自身が苦痛でたまらなかった。私は天を仰ぎ地に伏して歎いた。鬼界ケ島へ流された俊寛には謀叛という罪があった。しかし私にどんな罪があったというのであろう。これは私のみならず軍属として大学より派遣せられ大学よりの呼び返しを待っていた陸軍技師諸君の誰もがそうであったと思う。(P314)



(2016.7.24) 


HOME