「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」


『七三一部隊作成資料』より


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」

第一章 緒言

 自昭和十五年九月七日ー至昭和十五年九月十日間砲四門(六〇〇発)十榴八門(六〇〇発)によるき弾射撃を実施せり

 第一地域発射弾数は毎ヘクタール一〇〇発総数一、八〇〇発(野砲に換算す)射撃時間は四十分、十五分間射撃、十五分間休、十分間射撃なり

 第二地域に於ては発射弾数は毎ヘクタール二〇〇発総数三、二〇〇発

 第三地域は発射弾数毎ヘクタール三〇〇発総数四、八〇〇発なり

 被検物は地域内の野砲偽掩体、壕、軽棲息所、観測所、掩蓋MG座監視所、特種構築物内等に各々配置せり

 第一地域陣地に背馳せるものは無帽満服下着上靴を着用せしめ無装面とす

 第二地域陣地にては無帽夏軍衣袴上靴を着用せしめ無装面者三名、装面者三名とす(P4)

 第三地域陣地に背馳せるものは夏軍衣袴を着用せしめ無装面者二名装面者三名とす

 き弾射撃後四時間、十二時間、二十四時間、二日、三日或は五日後に於ける一般症状(神経障碍を伴ふものを含む)皮膚症状、眼部、呼吸器、消化器に於ける症状経過を観察せり

 尚水疱内容液の人体接種試験、血液像竝屎尿検査を実施せり(P5)

(『七三一部隊作成資料』所収)


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」

第二章 症例

第一地域陣地内の被検者の症状及其後の経過

二八七号

 九月七日き弾射撃後四時間全身倦怠、口囲発赤を認め翌八日一時頃より全身倦怠、脱力感を覚へ頸部発赤、顔面浮腫、眼瞼浮腫状前脛背面部発赤、二十二時頃より口囲に粟粒大水疱発生あり

 九日二十二時頃より口囲に多数粟粒大乃至米粒大の水疱族生、十日十七時発熱三七度、肩甲部、■(臣へんに頁。下あごのこと)前胸、腹、四肢、陰嚢一般に発赤し羞明、眼痛、結膜浮腫、角膜混濁、眼脂を認む、鼻汁、咳嗽咽頭後壁発赤を呈す

 十一日十七時全身瀰漫性発赤、腫眼、陰嚢発赤、疼痛及鼻汁、嗄声、咳嗽、頸内掻破感を訴ふ

 十二日十時顔面腫脹、疼痛、頂部所々に痂皮を存す、肩胛部発赤■(臣へんに頁)部水疱一部膿疱化、四肢、腹発赤し陰嚢、糜爛、陰茎諸所に痂皮あり、眼症状も漸次増悪の傾向ありて眼瞼浮腫結膜充血浮腫著明なり

 九日十二時木炭による除毒せる水三〇〇竓(ミリリットル)攻撃(飲用)するに十日中に著変なし 十日十二時活性炭除毒水六〇〇竓攻撃するに十一日軽度の食思不振、十二日食思不振あるのみにして著変なし(P6)

(『七三一部隊作成資料』所収)


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」

二八〇号 野砲偽掩体防毒覆下配置

 攻撃後四時間頃全身倦怠、不気嫌となる、皮膚は顔面、頸、前胸肩胛、陰嚢に潮紅を呈す、眼は羞明(しゅうめい)、流涙多量、結膜充血す、(P6)

 八日六時頃より嗜眠顔面浮腫脉摶(みゃくはく)亢進す 皮膚は頸、前胸、肩胛、発赤浮腫顔面特に口唇と陰嚢に粟粒大の水泡発生し亀頭発赤腫脹を認む、眼は流涙多量眼瞼浮腫結膜竝充血角膜混濁す、鼻汁咳嗽(がいそう)嗄声(させい)を訴ふ

 八日十八時頃体温三七度 皮膚は顔面頸部に米粒大の水泡散在す、両眼瞼浮腫結膜充血 開眼困難なり 嗄声呼吸困難を訴ふ

 九日十七時頃体温三七度 皮膚は顔面、頸部に米粒大乃至大豆大の水泡多数密生し一般に腫脹膨隆す、陰嚢は潮紅刺様疼痛灼熱感を訴へ小豆大乃至大豆大の水泡の発生を見る、眼症状も亦漸次憎悪し眼疼痛視力障害眼裂に黄緑色の分泌物附着す

 十日十七時頃観察するに全身倦怠脱力感心悸亢進を訴へ体温三七度 皮膚は顔面に発生せる水泡は漸次増加し一部に薄き痂皮散在 一般に腫脹し頬部に糜爛を認む、肩胛部背面は瀰漫性に発赤し肩胛部糜爛を呈す、陰嚢腫脹、糜爛、灼熱痛あり 四肢に於ける発赤潮紅は幾分減少せり(P7-P8)

 呼吸器症状は喀痰(かくたん)、嚥下困難、呼吸困難、喘鳴あり

 前胸武心臓音弱、脉摶(みゃくはく)一三〇至笛声音、呻軋音、ら(口へんに羅)音を聴取す(P8)

(『七三一部隊作成資料』所収)


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」

二九六号 偽掩体偽装網下配置

 七日十八時に全身倦怠を覚ゆ 皮膚は顔面下顎部潮紅を呈し頸部に粟粒大の水泡散在す、眼は眼瞼結膜共に腫脹充血す 鼻汁流出を認む

 八日六時頃全身倦怠不機嫌嗜眠性にして食思不振あり 顔面頸部発赤腫脹し粟粒大乃至米粒大の水泡簇生(そうせい)す、亀頭部潮紅大豆大水泡を認む 腋窩(えきか)膝蓋部一般に発赤す 眼症状は流涙多量、眼瞼腫脹浮腫を呈し結膜充血す 頸内掻破感 鼻汁を訴ふ

 九日十七時頃甚しく(一字抜け)悴し脱力感食思不振を訴ふ 皮膚は顔面頸部に粟粒大乃至米粒大の黄色水泡簇生す 亀頭部発赤し小豆大水泡発生す 眼は眼瞼浮腫結膜は充血浮腫を呈し流涙多量開眼困難なり、鼻汁多量頸内掻破感、嗄声を訴へ前胸武にら音を聴取す(P8-P9)

 十日十七時頃心悸亢進咽頭後壁発赤疼痛、体温三七度 皮膚は顔面特に前額眼周囲頸部瀰漫性に潮紅し下顎部項背面に亘りて粟粒大乃至豌豆大の水泡発生、両側腕関節部には粟粒大水泡多数環状に存在し 尿道口部は発赤糜爛を呈す、

 頭、顔面、項背面、前胸、腋窩、四肢等は微圧を加ふるも疼痛あり 特に項、背面は瀰漫性に腫脹を呈す

 背面部は呼吸音弱、呻軋音笛声を聴取し悪心、嘔吐、腹痛を訴ふ(P9)

(『七三一部隊作成資料』所収)


(以下、第二章は各実験体の詳細な症状の記述が延々と続くが中略)



(以下各章はタイトルのみ記載)

 第三章 水泡内容液の所見竝人体試験成績

 第四章 血液像の所見

 第五章 屎尿の所見


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」

第六章 結論

 前述の一般的臨床観察により得たる実績に徴すれば液滴(浸潤)蒸気吸収の三効力に大別せらる(P39)

 第一地区に於ては液滴効力最大に現はれ第二地区も液滴効力著明、蒸気効力稍著明に現はる、第三地区に於ては液滴、蒸気、吸収効力共に認めらる

 要するに

(一)主として自覚症状に於ては障碍効果の出現は攻撃後四乃至五時間なり

(二)皮膚水疱形成は十二時間頃より明瞭に現はれ始む

(三)呼吸器障碍は十二乃至二十四時間頃より始まる

(四)消化器障碍は早きは四時間頃より遅きは十四時間にして始まり一定せず

(五)眼症状は早きは四時間遅きは十二時間頃より何れも現はる

(六)叙上の各症状の極期は四十八時間以降なり(P40)

(『七三一部隊作成資料』所収)


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」

第七章 附記

 余は治療の参考迄に一部水疱内容を吸引せる部に一般皮膚炎としての治療を試み亜鉛華軟膏ペリドール軟膏を貼用せしに該部の分泌減少し乾燥も比較的早く良好の成績を示せり(P40-P41)

 又初期に於ける受傷部の五%重曹水の洗浄、温罨法も相当効果大なる事を確認せり

 結膜充血、結膜炎には〇.五−一.〇重曹水の洗顔、アルカリ性眼軟膏塗入等を実施せるに其の成績良好なり

 一度侵されたる皮膚にして現在発赤、潮紅、紅班を呈せる顔面、背面、上、前膊部にき剤の液滴を滴下せるに大部分は紅班、発赤、潮紅等を認めざりしも極く少数に於て更に高度の紅班次いで水疱を発生し褐色色素沈着を残せるものを認めたり

 水泡は皮膚皴壁より発生するもの多く時々毛嚢穴より密生するものを見たり

 三乃至四時間にして多数の粟粒大の水疱発生し漸次増大す 拇指頭大位迄は多房性あるも其れ以上は単房となる

 水泡は潮紅又は紅班部に発生し時に環状をなし珠数状に連り内部に赤褐色、褐色或は黒褐色の色素沈着を呈するものあり、又頂部、肩胛部背面特に肩胛間部、顔面は前額、鼻尖、鼻翼、口周囲、耳根等に多発し又鼻汁の流下に添ふて線状に発生するものあり(P41-P42)

 尿所見は蛋白陽性なるもの攻撃後五時間にして一名認めたるも爾後消失す、其の他何れも蛋白陰性、上皮細胞、粘膜円■(土へんに寿)等を認めしもの無し

 マーシャル氏に依れば「イペリット」中毒の際腎臓は侵されずと云へり

 即ち「イペリット」は体内にて分解せられ腎臓通過の際は無害なる物質に変化せられ排出さるるならん(P42)

(『七三一部隊作成資料』所収)


「きい弾射撃に因る皮膚傷害並一般臨床的症状観察」



(『七三一部隊作成資料』所収)


(2016.8.25)


HOME