マッカラムの手記

南京事件調査研究会 編訳 『南京事件資料集 1アメリカ関係資料編』所収


マッカラムの手紙

 国際キリスト教伝道団
 中国伝道、南京区
 一九三八年一月七日



 親愛なる友へ

 私の手紙に補足を試みたいと思う(手紙の写しはエバとポール氏に渡しておくようにしたい)。手紙はマルクスおよび他の親友にあてて発送するようにしたい。 私が書きたいと思う多くは、まだしばらく待たねばならないだろう。

 十二月十二日に日本軍が攻め入って来たとき、南京市の城内は実際的には打撃を受けていなかった。ごくわずかな場所で火災があり、中国人によるいくらかの略奪があったが、規模は大きくなかった。 なにもかもが略奪されるようになったのは、それ以後だった。(P217)

 われわれが受信機をX線の設備につないでいたときに、南京の商店はひらいていて、営業活動も平常にもどっていると声明したラジオのメッセージを聞いた。たしかに商店はひらいていた。 そこへ日本軍のトラックが乗り着けて商品を積み込んで運び去り、残る建物に火が付けられた。

 このようにして、太平路の建物の六〇%以上が焼かれた。焼失価値はそれ以上である。 中華路は南門(中華門)にあるわれわれの資産の所まで、ほぽ八〇%が焼失し、そこから南側は焼け残ったところが散在しているだけである。すべての商工街はだいたいこうである。

 しかし、南京は大都市なので、われわれが毎夜一件から一四件の火事を見ていても、私の計算では市の建物の八〇%が建っている。 ためしに私が、通りを下って、建っている建物を実際に数えてみたら、パーセンテージはもっと高かった。しかしながら、他のものは市の半分が焼けたと私に言った。私は損失額のパーセンテージは計算しなかった。

 白下路二〇九号のわれわれの施設にはまだ日本軍の一隊がいる。別の部隊が南門の女子の建物の一階に、そしてもう一隊がプロッパーの施設にいる。すべて十二日か十三日からだ。

 隠すのに許可をもらうなどということはできない。私は病院の防空壕に三八人以上を匿った。さらに近くの通りから数人を集めてきて許可を得ずに匿ったが、彼らのほとんどは兵士だった。 そうしたのは、命の損失が明らかだったからだ。

 あらゆる年齢の男性、女性、子供が、とるにたらない理由で、あるいは明確な理由もなく撃ち殺され、刺し殺されている。 われわれは、彼らが何百人という集団で行進させられて行き、やがては機関銃で殺されるのを見てきたし、他の事実も彼らの運命がどうなるのかをわれわれに告げている。

 もちろん、市民服に着替えた元中国兵も多かった、しかし、かなり大きな割合の人々はそうでなく、そのことは彼らの職業や親戚関係からも証明することができた。 しかし、軍隊のやりかたでは相応の判別をすることは不可能であった。個々の兵士が原告であったとしても、裁判官や死刑執行人のやるべきことはなかった。

 われわれはこのことを後から知ったのであり、話は生き残った者から聞いたのである。

 われわれは良い奉仕を捧げたと感じている。私自身はかなり大きく病院に限定して係わってきたが、それはそれでかなり大変な仕事であることが分かった。

 病院は満杯状態なので、百人ほどの臨時の患者を収容するために別棟も運営した。彼らには一食たりとも欠かせなかったし、電気や水道が止まった時は、われわれは非常発電や供給で忍んできた。

 維持と供給の出費のためにわれわれの財源・在庫は底をついてしまい、告白すると、私白身、何回かギャングを連れて外出し、病院維持のためにある種の略奪をやったこともある。(P218-P219)

 われわれのスタッフはわれわれ宣教師を除いて完全に一新してしまった。しかし、これらの宣教師たちは仕事に従事し、あるものは昼夜を分かたず働き、素晴らしい奉仕を成し遂げている。

 敬 具
 マ ッ ク(P219)

(「南京事件資料集 1アメリカ関係資料編」所収)


一九三七−三八年冬季の日本軍の南京虐殺に関する報告


一九三七年十二月十九日南京

 中国の南京防衛軍が崩壊してからちょうど一週間がたった。月曜日には日本兵たちが中山路を行進してきて病院の前を通過し、日本の国旗がそちこちに見受けられるようになった。

 これからは逃げまどいながら退却する中国軍のパニックもなくなり、秩序が回復し、頭上を飛ぶ飛行機にも不安がることもなく、緊張することもなくなるだろうと、 誰もが安堵の吐息をもらしたのも束の問、一週間がたってみると、まさにこの世の地獄であったのだ

 思い出すのもおぞましい。どこをどう話したらよいのか見当もつかない。このように酷い話は聞いたことも見たこともない。レイプ、レイプ、レイプばかり。強姦事件は一晩に千件は起こり、昼間でもたくさんある。 日本兵に反抗したり不服のような態度でもしようものなら、銃剣で刺し殺されるか、もしくは銃殺だ。

 このような殺害は日に数百件を書き連ねることができる。人民は狂乱している。私たち外国人さえ見れば、脆いて額ずき助けを求めてくる。兵士らしいと嫌疑をかけられた者は、城外に連行されて銃殺される。 その数は何百、何千人にもなる。

 私たち病院の職員も三回盗難にあり、万年筆、時計、お金をとられた。センターにいる貧しい難民でさえ、たびたび強奪にあい、身ぐるみはぎ取られ、唯一残っていた寝具まで持ち去られている。まだまだ続きそうだ。

 女性は朝に昼に夜に連れ去られる。日本陸軍全体が、建物には手当たり次第に侵入し、やりたいほうだいをしている。金陵女子文理学院、金陵大学、ヒルクレスト(Hillcrest)学校のアメリカ国旗は頻繁に引き裂かれる。

 神学校、聖書教師養成学校、金陵大学、金陵女子文理学院、付属中等学校、蚕廠図書館、その他多くの場所で、毎晩強姦、強奪、銃撃、銃剣沙汰の事件がおきている。

 その場に外国人がいる場合には、いくらか回避できることもある。しかし、一五や二〇の外国人の数では、すべての建物に常時人を配置できない。



一九三七年十二月二十九日

 この週は昼は毎日、夜は五日間たいへん忙しかったので、書いている暇がなかった。当地の外国人は、病院に二四時間詰めて日本兵に対処しなければならない。

 今日は雪が降っているので、とても寒い。粗末な小屋にひしめき合っている大勢の中国人のことを思うと、胸が痛む。病院は満員で、大学の寄宿舎も軽傷の患者で一杯だ。 行くところもない者には、出ていってもらうこともできない。

 この一週間だけで、一五−二〇人の赤ん坊が生まれた。うちクリスマスの日には六人の赤ん坊が誕生した。ハインズさんを見つけるのは簡単だ。大勢の赤ん坊の世話をしているから、育児室にきまっている。(P256-P257)

 クリスマスの日はおまえのことばかり考えていた。楽しいクリスマスであってくれればいいがと思っていた。 おまえはまだ■(牛へんに古)嶺にいるものと思っているが、 噂では、■(牛へんに古)嶺から撤退が始まるかもしれないということだ。

 南京には誰一人入ってくる者はいないが、ここから出て行くのも困難のようだ。こちらで起きた出来事やまだ引続き起きているひどいニュースをグループのなかから、 だれかを選んで持ち出してもらうことを話し合っているが、いったん南京を出た者は、絶対に戻ってこれないことは分かっている。

 私は、ミルズ、フィッチ、スマイス、ソーン、ウィルソン、ベイツ、リッグズらとパックの住宅で生活している。全員が複数の役割を受け持っている。

 助けを求めに来る人がひきもきらないので、食事どきには五分と腰掛けてはいられない。トラックが盗まれるのを防いだり、あるいは、もっと多いのは婦人を日本兵から守ってあげるため、 食事は丸飲みにして急いで外出しなければならない。全員が揃って食事をすることはめったにない。暗くなってからは一人では外出せずに、二人、三人で出ることにしている

 一日か二日おきぐらいに教会財産の見回りに出掛けている。白下路の私の住宅では、行くたびに客人に出くわす。外国人の住宅は必ず見回ってくるが、日本軍が来るまでは、どこも手がつけられていなかったのに、 今では手つかずなどというところはどこにもない。鍵は全部壊され、トランクはすべて略奪されている。金や貴重品を探そうと、煙突の穴からピアノの中まで荒らされている。

 わが家のレコードは全部壊され、食器も壊れて、強奪のため散らかした諸々といっしょくたに床一杯に転がっていた。ピアノの前の部分ははぎ取られて、弦を打つつちは、なにか重いもので打ち砕かれていた。

 わが家は安全区の外側にあるので、このようなことは予測できたが、区の内側の住宅も同じような運命にあっている。子供たちの学校は、二つとも火災にあい、一校は全焼した。

 今の南京は陰気な町だ。日本軍が入ってきた時点では、建物にはほとんど危害は加えられていなかったのに、日本軍が来てからというもの、商店の品物は根こそぎ奪われ、店の多くが焼失した。

 太平路、中華路やほかの主要な商業通りはすべて破壊されている。市の南部では、目抜き通りの裏側はほとんどが焼失している。新しい火災は毎晩のようにあり、いったいいつになったら、 この凶悪な破壊が鎮まるのだろうと案じている。

 ところが、そのようなことは問題にもならないほど恐ろしいことが中国人民の身に降りかかっているのだ。彼らは脅えているが不思議なことではない。手に残っているものはなにひとつなく、 多くが着の身着のままだ。(P257-P258)

 絶望した非武装の彼らは、傍若無人に徘徊している日本兵に玩ばれている。規律もなにもあったものではなくて、酒に酔った者も多い。

 昼安全区内のセンターの建物に侵入してきて、好みの女性を物色しておき、夜になると彼女たちを連れに戻ってくる。逃げ隠れしようものなら、その場で責任者(男性)を銃剣で刺し殺す。 一一歳と一二歳の少女二人、五〇歳の婦人も逃れることはできなかった。抵抗すれば命に関わる。

 最悪のケースは病院で起こった。妊娠六ヵ月の身重の婦人が抵抗したために、顔と身体に一六ヵ所の刃物の傷を負って病院に運ばれてきた。

 傷は腹部を刺していたため、胎児は亡くなった。女性のほうは一命をとりとめる模様だ。命だけは助けると約束されて、日本兵に身を任せた人々のうち、安全区に戻ってきたものはほんのわずかであり、 それも悲しい形で帰ってきた。戻ってきた者の言うことには、皆は銃剣の練習台となり、本人自身もその恐ろしい体験をしたそうだ。

 これとは別のグループは古林寺近くに連れ出され、かろうじて戻ってきた者が、そのグループの運命を話し終えると、息絶えた。日本兵はグループの頭上からガソリンをまいて火を付けた、と彼ははっきり言い残した。 この男性には傷はなかったけれど、首、頭部の火傷がひどく、人間だとは信じがたいほどであった。

 これと同じ日に、半身火傷を負った人が病院に運び込まれた。彼は撃たれてもいた。これら二人から推測すると、おそらくグループごと銃撃されてから、山と積み上げられて、燃されたものと思う。

 詳細は分からないが、事実、彼ははいずりながらも助けを求めに、どうにか病院に辿り着いたのだ。二人とも亡くなった。あまりに恐ろしい話で、おまえもしばらくは食欲がなくなるだろう。

 まったく信じられないことだが、何千人という人が、冷血にも虐殺されている。数を推測するのは難しいが、一万人に達するだろうと言う人もいる

 私たちのことを丁重に扱ってくれる、たいへん気持のよい日本人もいることはいるが、他はおしなべて随分と残酷で、なぐったり、ぶったりするのを見ると恐ろしくなる。 リッグズがいちばん被害にあっている。

 たまに中国人を助けたり、中国人の赤ん坊を抱いてあやす日本兵を見たこともあるにはある。戦争は好きでない、家に帰りたい、と私に言った兵士も一人や二人ではない。 日本の大使館員は誠意があって、私たちの援助をしてくれようとするが、どうにも無力だ。良識のある兵士はめったにいない。

 さて、病院を巡回する時間だ。ここには百人の職員がいる。以前のように水と電気があったらもっと楽だろう。一日ごとにランプの手入れをしたり、ポンプで水をくみ出したりするのは、かなり大変だ。(P258-P259)



十二月三十日

 素晴らしい天気だ。外気が心地好い。前から比べればずっと平安になったが、まだまだ良い状況とはいえない。

 きょう病院に運ばれてきた男性は内臓を貫通されて腸が四フィートもとび出ていた。幸い彼は九死に一生を得た。ボブ・ウィルソンがほぼ半日かけて傷を縫合した。

 夕食前に日本兵二人が来て、一二歳の少女を黄色のタクシーで連れ去った。

 金陵女子文理学院やマギーのところなどから男性が数人、強制的に連行された。中国兵だと訴えられて強制的に連れ去られたという。 連行される者が民間人だと証明できる友人もいたのだが、手にタコがあったため、抗議の声があったにもかかわらず、深く調べもせずに兵士の熔印がおされてしまった。 人力車夫、サンパンの船頭、肉体労働者などが、ただ手に正直者の苦労の印があるというだけで、大勢処刑されている。

 江岸バス停近くにあるドイツ人宅の老管理人が昨日殺されたそうだ。労働に徴用する若者が見つからず、老人を連行しようとして拒まれたからのようだ。

 前にも言ったように、きょうは比較的平穏な日だ。私が落ち着いて書きもののできないときは、どんなことが持ち上がっているか想像できるかい?

 病院用と鼓楼教会に住み込んでいる中国人クリスチャン用の米の供給を受けるので忙しくしている。約六・五トンの大袋五〇袋を扱った。

 日本軍は、警察官や中国人の締めつけ、外国人に対する制限をいっそう強めてきている。私たちアメリカ人は一ヵ所に塊らせて監視をつける、と大木氏から示唆された。 そのようになった場合、私たちにどれほどの自由が許されるか分からない、疑わしいものだ。

 登録が行われている。登録許可証を持たない中国人は、安全区内での自由行動が制限され、区から外に出ることはできない

 さて、この辺で書くのを止めよう。救急車で患者を家に連れ戻さなければならない。病院を出て行く者には必ず外国人の同行がいる。私は公認された、警察官のボディーガードですらある。

 病院は満杯もいいところで、出て行く者がいるとありがたい。だが、行くあてもなく、金も衣服もない者が多く、深刻な問題となっている。 私たちは彼らを癒すこともできないし、かといって無理やり追い立てて飢え死にさせたりもできない。殺されたり、傷害を受けることが分かっていて追い出すこともできないのだ。

 患者のほとんどが、南京が占領されてから銃剣や銃による怪我で病院に来た者たちだ。



一九三七年十二月三十一日

 きょうは大晦日。新年を祝う大掛かりな準備がなされている。日本の友人たちが好むような祝日となるにちがいない。(P259-P260)

 三連休の知らせがあった。これ以上の勝手気儘が日本兵に許されたら、なにが起こるかと考えただけで背筋が寒くなる。

 良い見通しもある。きょう安全区を出て中山路を渡っていた中国人の一群があった。彼らは米を担いで遅くに戻ってきた。米は審計院のものを日本軍が配給しているのだ。

 きょうは幸せな人々に出会えた。病院にはたくさんの赤ん坊がいる。母子が病院を出るときは、きまって幸せそうだ。 たとえ行く先が立派なところでなくても、そこが一部屋に数百人がひしめき合うような難民キャンプであってもだ。

 祖母と三人の子供が、彼らが「家」と言っているところへ赤ん坊をエスコートして行くところだったので、私は全員を救急車に詰め込んで大学まで運んであげた。 ここには二万人の難民が住んでいて、彼らもこのなかに「くつろいで」いるわけだ。

 男の子が赤ん坊を抱くと言ってむずかり、皆にこにこ顔でほんの束の間の乗車を楽しんでいた。しかし、彼らはどうしてそのように楽しいのだろう? 彼らこそ勝利者と言える 。彼らは立派に与えられた環境を超越できたのだ。

 もう一人の幸せな人は、アメリカ大使館の使用人で、弾丸の傷の抜糸をするため、最後の診察を受けに病院に来て、顔から笑みが絶えなかった。

 聖書教師養成学校で登録が行われている。病院の職員をなんとか登録させようと午前中骨折ってみたが、混雑が激しく、私たちは登録場所に近寄ることもできなかった。 同僚は、登録期間が過ぎても登録してもらえないのではないかと案じている。

 もしそのようなことになって日本軍が承諾してくれないときは、死しかない。忙しい大勢の同僚は仕事が多すぎて、くる日も、くる日も列に並ぶことができないでいる。

 その日は三百名いる私たちの家族の食物探しで午前中が終わった。みな大量に平らげるし、食料の入手は困難だ。市の南西部、城壁近くに行ったときは手間どって大変だった。 火災の残骸が通りに散乱して、しばしば通り抜けができなかった。食料を外部から持ち込む対策が早急になされないかぎり、深刻な問題となるだろう。

 子供を産んだばかりの女性が、病院を出たいと言ってきかない。彼女には行く先も、金も、友人も、そして子供の養育のあてもない。 夫は数日前に連行されて、まだ戻ってきていない。おそらく戻っては来ないだろう。

 彼女は病院を出て、夫を探したいのだ。体力はないし、どうやって探し出せるというのだろう。私は彼女の名前をいくつかのキャンプに示して、友人か知人を尋ねられないかと思ったが、駄目だった。 ああ、なんという悲しい思いをさせられるの、だろう。

 南京の新政府の就任式が明日あるようだ。午後、鼓楼の祝典がある。旧五色旗が復活し、日本国旗とともに用いるために、六万旗分を作るよう命じられたそうだ。(P260-P261)



一九三八年一月一日

 新年が厳かに明けた。いったい何事が起きたのかと思わせる、猛烈な爆竹の音で目が覚めた。空に真っ赤な太陽が輝き、本当に素晴らしい天気だった。紫金山は美しい藍色で、名実ともに祝日日和だ。 沢山の爆竹が中国人に無料で配られたが、先祖の魂を慰めるために鳴らすというこの恩恵を、彼らは受け入れないだろう

 われわれが知ったところによると、昨日彼らは二〇〇ポンド入りの米袋を数十万袋与えられたという。(訳註 数字は原文どおり訳しておいたが、誤植でなければ膨大すぎておかしい)  新年の挨拶がいつもと変わらずに交歓された。

 一昨晩、私たちはジョン・ラーベ氏宅に招待されて行ってみると、クリスマスツリーにローソクがたくさん灯されて美しかった。妻や子供たちがいないことを別にすれば、なにもかも完壁だった。 みな家族のことを心配している。

 東京からの無線で、アメリカ人全員が■(牛へんに古)嶺から立ち退きをうけているとの短い声明を聞いた。 みなの家族が全員アメリカで無事でいるとよいがと、時に触れて思い出す。

 金陵女子学院のトワイネンさん、マギー氏、フォースター氏、陳さんらを客人に招いて、正月の御馳走をすることになり、とっておきのガチョウを料理した。 ところが晩餐も終わりの頃になって、楽しいはずの一日が台無しになってしまった。

 というのもマギーのところにいる男性二人が駆けつけてきて (マギーは三ヵ所に難民を預かっている)、日本兵が二人侵入してきて女性の後を追っていると言う。 さっそく車を用意して、フィッチがマギーとフォースターを乗せて出掛けた。

 後にフィッチは女性二人を病院に連れてきたのだが、一人は強姦されており、もう一人は怪我をしていた。 この女性は日本兵にてひどくぶたれたところを父親に助けられてどうにか窓から脱出したのだが、窓を飛び越えるときに怪我をした。二人とも興奮状態であった。

 それから南東地区に住む尼僧が病院に運び込まれた。彼女の怪我は十二月十四日のものだ。地下壕に五人で難を逃れたところ、日本兵が両側から入り込んできて、 しまいには五人のうち三人を殺害、二人に傷を負わせた。この尼僧と一〇歳になる見習いの少女は殺された友人の死体の下に隠れて、死を免れた。

 手当ても受けずに一八日間、食べ物が底を着いてから五日経つという! 近所の人がこの重症の尼僧をやっとのことで病院に連れてきたそうだ。彼女の知らせで少女が背中に刺傷を負っているというので、 私は救急車を走らせて出向いた。少女の傷は癒えていたが、ただ、食物と入浴、快適な環境が彼女には必要だった。

 市の南東部の住民たちは、日本兵に包囲され、恐怖の運命にある。

 私たちが少女を待っていると、日本兵が周囲に集まってきた。彼らはとても慎み深い一団であった。

 ところが、私たちがその場を立ち去ろうとしたとき、酒に酔った兵士が老人二人を脅しながら近づいてきた。老人たちは非常に怖がって、私たちに助けを求めに寄り添ってきた。 けれど武器を持った酔っぱらいの兵隊は私も恐ろしい。(P261-P262)

 このとき、二、三のしらふの兵士がこの酔っぱらいの兵隊の注意をひいてくれたおかげで、老人たちは逃げることができた。二人の逃げ足の速さといったらなかった!  酔っぱらい兵が私のことを罵っていたのは明らかで、そこで他の兵士が憤慨して、その兵士を棍棒で殴ろうとした。

 さて、私が救急車に戻ろうとしたとき、こんどは私の雑役人の一人が別の一団の日本兵に連れ去られているのを発見した。彼は料理人で、私たちに付いてきたのだ。 彼の赤十字の腕章はとられ、恐ろしさのあまり間違いなく処刑されるものと思ったそうだ。

 彼を救出すると、ふと救急車が乗っ取られてはいまいかと不安になり、急いで戻ると、車の周りにはまだ慎み深い兵士たちがいて、私たちはにこやかにその場を立ち去ることができた。

 この二、三日、たいていの人が行きたがらない市内のいちばん遠い地域に行かなければならなかったが、毎回食料や患者用の積荷をつけて無事帰ってくることができた。

 きょうは財産の被害状況を推計してみた。病院から中正路、白下路は三〇パーセント、白下路に関しては五〇パーセント、中華路から建康路は八〇パーセントの被害。 そこから先は、最南部まで火災の被害は比較的少ない。鼓楼から東城壁にかけて、特定地域に集中的に二〇−三〇パーセントの被害。

 南京陥落前に負傷していた女性が、きょう午後運び込まれてきた。彼女の家は南京南部の村にあって、一二歳を頭に五人の子供もちで、最年少は三ヵ月の赤ん坊だ。 彼女はこれら子供とともに家を後にして歩いていると、頭上を日本軍の飛行機が機関銃弾を放ちながら飛び、弾丸が彼女の目から喉の近くを貫通していた。

 彼女は赤ん坊を連れながらもかろうじて歩き続けたが、ついに力尽きて、子供を周りに引き寄せると意識不明となりそのまま一夜を明かした。

 翌朝、気が付くと、赤ん坊を連れてでは歩けないと思い、空き家に赤ん坊を残して、どうにか気力をふりしぼって村人のいるところまで辿り着き、その村の人が彼女を難民キャンプに連れてきたというわけだ。 一八日目にしてようやく治療を受けることができた。

 きょう夕暮れどきに、市内の大きな火災場所を数えてみると、五ヵ所にのぼった。放火、略奪、強姦がまだ続いている。安全区内には日本兵は依然として入ってくるが、以前と比べればかなり良くなってきている。 私たちが夜昼なく、あちこちで兵士の蛮行を止めようとした日々に比べれば、平穏といえる。なんといっても書き物をする時聞がある。(P262)



一九三八年一月三日

 首尾よくきょうは、病院の職員の半数が登録できた。

 日本人の善行を一つ報告しなければならない。とても気持ちのよい日本人が最近病院にやってきた。 彼らに患者の食料の不足を告げたところ、きょう、百斤の豆と牛肉を持ってきてくれた。この一ヵ月というもの肉は食べられなかったので、この贈り物は大歓迎だ。他に欲しいものはないかと言ってくれた。

 しかし、毎日毎日悪い報告ばかりだ。きのうの午後、救済本部の近くで男性が一人殺害された。午後には日本兵の強姦未遂事件が一件。これは夫が邪魔だてして妻が抵抗するのを助けた。 しかし、午後になると、その兵隊が戻ってきて、夫を撃ってしまった。

 今朝病院に来た女性は、悲しみに沈みながら恐ろしい話をしてくれた。彼女は、日本兵が医療部隊に連行した五人の女性の一人で、昼間は兵士の洗濯をし、夜は慰安婦にさせられていた。 うち二人は一晩に一五人から二〇人のなぐさみ者となり、一番の美人は毎晩四〇人の相手をさせられたという。

 病院に来た女性は三人の兵士に人気のないところに連れていかれ、首を落とされそうになったという。日本兵は首の筋肉は切っていたが、脊髄は切断されていなかった。 彼女は死んだふりをして、やっとの思いで病院まで来ることができた―

 兵士の蛮行の新たな目撃者、ウィルソン博士が傷の縫合をしたが、一命をとりとめるかもしれないと言っている。連日、私たちのグループはこの悲惨な状況を日本の当局に報告している。 彼らは軍規を引き締めるよう命令を出しているが、虐殺の報は依然としてもたらされている。



一月四日

 今朝早く、日本軍の飛行機一二機が頭上を飛ぶのを見た。天気は良いが、野晒しやテントに住まざるをえない人々にとっては、まだ厳しい寒さだ。

 書き忘れていたが、月曜日に中国軍による空襲をうけた。どのような規模だったか、ほとんど覚えていないが、突然のことでなんの用意もなく、日本軍は動揺し、兵士は落ち着かなかった。 最後には、日本機が臨機の処置をとり、猛烈な追撃を演じた。

 郵便物がどのようにおまえの手元に届くか、皆目見当がつかない。おまえからの最後の手紙は十一月二十五日付のものだ。雪の中で生徒と一緒に大いに楽しんでいる姿を想像している。無事であるといいが。

 こちらの生活は単調そのもの。私たちは冷酷な、愚かしい、いらぬ苦痛に僻易している。病院での時間は、日本軍の銃や銃剣による傷を縫合することと、そのような負傷者の命を救うことだけである。 みな罪もない中国人民ばかりだ。日本軍が中国に来た目的はこの人たちを救うためだったはずなのに。(P263-P264)

 日本軍が新年の立派な挨拶のなかで、国民党は民衆の要望は眼中にない、と言ってのけたとき、私は病院中にあふれんばかりの被害者のことを考えずにはいられなかった、 と同時に、外国人が中国問題を援助・支持することが、きっと鼻であしらわれるようになると思った。



一月五日

 晴天。仮住まいのパックの家で、私の部屋である屋根裏部屋から神々しいまでの朝日が昇る様子が眺められた。病院のレントゲン室で、あちこちから拾い集めたばらばらの部品を使って、 無線機の修理をしたところ、夕方には調子よく聞こえるようになった。おかげでまた通信手段が使えることになった。

 救急車で城南に出かけ、この大所帯用に白菜を手に入れてきた。途中、大きな火災をたくさん見かけた。

 吉報来たる。アメリカ大使館員三名が今日南京に到着する、と日本大使館の福井氏が知らせてくれた。一〇日も前からの約束であったのに、陸軍の許可がなかなかとれなかったようだ。 私たちは大使館員の帰任要求を、日本軍を通してしようとしたが、受付けてもらえなかった。

 私たち全員に南京から出ていって欲しかったのだろうけど、今となってはあまりに長く滞在し、あまりに多くを知り過ぎたので、南京を出ることは、かえって許されなくなっている。つまり、囚人同様の身なのだ。

 ラジオはどうも調子が良くない。二つめのラジオを手に入れたが、短波が入らない。東京、マニラ、上海からの英語ニュースと音楽が少し入る程度だ。 昨日はラジオを聞いて、多少時間潰しができた。入る局は決まっているので、同じレコードをたびたび聞かされる。おかげで家にいる皆に歌って聞かせてやれるほどになってしまった。

「おいらはポパイ、船乗りポパイ・・・」

 赤ん坊の配送という新しい仕事をした。「分娩」させたのは、もちろんトリマーとウィルソンで、私は運送会社というわけだが、赤ん坊を、ごみごみした難民キャンプの家まで届けた。 そのほかには、ほとんど一日おきぐらいに救急車で、白菜、米、その他食料を取りに出かけている。引渡しには、外国人が同行する必要があるからだ。

 最近、三頭の牛を助け出したので、張夫人はバターを作ってくれる。私たち「独身組」はこの一ヵ月間、桃の缶詰を二六ダース、来る日も来る日も食べ続けてきた。米の量も増えてきたし、白菜は豊富にある。 量は限られているが、日本人は一個一〇セントでりんごも売っている。その他のものも少しは入ってきている。(P264)



一月六日

 大大ビッグニュースだ。アメリカ領事館代表が来て、マッカラム、トリマー、ミルズ、スマイスの家族は三十日に漢口を発ち、香港に向かったと知らせてくれた。彼は十一月末付の手紙を幾通か仲間に持ってきてくれた。

 ひと月ぶりのニュースと郵便だ。大いに歓迎! 不自由なことも、危ない目にもあったにちがいないが、ともかく無事の旅であったと思っている。 おまえのいるところと次の行く先が分かれば安心だ。自分の考えとしては、もし、上海に来る許可がとれるならば、そうしてもらって、子供たちはアメリカンスクールに入れて、残りの学年をそこで過ごしたらいいがと思っている。 私たちがここを出られるという確証はまだ今のところないが、そうしてもらえれば、近いうちに会える機会もあるかもしれない。

 私は南京に留まってよかったと思っている。私たち外国人は、わずか二〇人だが、安全区内の様々なところで、かなりの援助活動をしてきでいる。 もし日本兵五万人から身を守るために、百人からの人数がいたとしたならば、もっと多くのことが成し遂げられたろうに

 金陵女子文理学院には一万二千人、大学の建物にはおよそ二万五千人、セミナリーと聖書教師養成学校にはそれぞれ二− 三千人、そして付近の住宅はどこもすし詰め状態だ。 難民のなかには、石炭や米の運搬に従事する者もでてきた。私たちはいつも車やトラックからあまり遠く離れないようにしている。



一月七日

 白下路通りのこの構内で、遺体を一体見つけた。中華門婦人会館の一階でも一体。プロッパー(Plopper)の構内でも一体。十三日の運命の出来事に遭遇した者ばかりだ。

 プライスの庭で、六ヵ月ぐらいの赤ん坊が泣いていた。かたわらで日本兵が母親を強姦している。兵士は赤ん坊の口と鼻を押さえて窒息させてしまった。

 埋葬許可がまだ貰えないでいる。私は一人で三八体の遺体を病院の地下壕に埋めた。近くの通りで見つけた遺体で、ほとんどが兵士だった。死人をみるとゾッとする。 老若男女すべてが恐ろしい代償を支払っている。戦争とはどうしてこうも残酷なのだろうか ?

 日本軍は、中国人に帰宅を促したり、商売の再開、日本製品の搬入などについて語っている。外交団は、市政府の樹立を望んでいるが、陸軍は許可しないであろう。 日本軍は民衆に家に帰ってほしいと願っているものの、いまだに脅かし続けているので、人々はすし詰めのキャンプを出たがらない。

 日本軍は商売の再開を望んでいるのだが、すでに在庫品はすべて店から持ち出してしまい、店は焼失している。日本軍は家畜の生産を望んでいるが、鶏、豚、その他生き物はことごとく殺してしまった。 皮肉なことだ。(P265-P266)



一月九日

 難民キャンプの入口に新聞記者が数名やって来て、ケーキ、りんごを配り、わずかな硬貨を難民に手渡して、この場面を映画撮影していた。 こうしている間にも、かなりの数の兵士が裏の塀をよじ登り、構内に侵入して一〇名ほどの婦人を強姦したが、こちらの写真は一枚も撮らなかった。

 日本軍の工兵隊は電気・水道の復旧を望んでいる。ところが、ラーベを通じて従業員の職場復帰の最終アレンジが整った前日に、こともあろうに、 下士官を長とする部隊がイギリスの輸出会社・中華工業国外貿易協会の工場に行き、電力会社の従業員四三名を抽出し、一列に整列させて銃殺してしまった

 この電力会社は民間の会社である。兵士たちは何の調べもせずに、公務員だと言い張った。これらが一ヵ月経過後の状況だ。好転の兆しはほとんどない。

 日本軍は安全区における私たちの尽力を無に帰そうとしている。哀れな中国人たちを脅迫して、私たちが言ってきたことを否認するよう仕向けている。 なかには、略奪や強姦、放火は日本軍の仕業でなく、中国軍がやったのだといわんばかりの中国人もいて、私たちは狂人や馬鹿を相手に今まで苦労してきたのだろうかと情けなく思う時がある。

 外国人たちはみな、この厳しい試練を乗り越えて、よくぞ生きてきた、と不思議に思う。

 南京を離れる許可がいつもらえるか、分からない。こんなにわれわれは少ないので、南京に入ってこれる人がかなりの数になるまで、ここを去りたくない、とみな考えている。

 「独身者」住宅での生活は、かなり平常な生活といえる。共同生活は壮観だ。深刻な場面にも、楽しい場面にも遭遇するし、良くも悪しくもその時その時を愉快に過ごしている。 食事には桃の缶詰や白莱の代わりになるものが欲しい。バターや卵はどんなに美味しいだろう! 小麦や米は十分食べているし、莱園にはまだレタス、人参、ピートが残っている。

 もし日本軍が使用を許可するなら、この冬二〇万人用の米は市内に十分あるはずだ。しかし、今後の経済見通しは暗い。生産は皆無で、消費あるのみ。

 家族は無事香港到着、の知らせをいま受けた。よくやった! 住所は分かるか??



一月十一日

 一昨日アメリカ大使館員を招き、きょうはイギリス、ドイツ館員を夕食に招いた。随分豪勢にした。ひと月以上外部の人には会っていなかったし、話したいことは山ほどあるしで、本当に話の饗宴だった。 彼らの話す一語一語に注意深く耳を傾けたが、まだ聞き足りない気がする。(P266-P267)

 病院関係も緊急事態は脱することができた。電気も入ったのでラジオの受信も可能となり、外部のことが身近に感じられるようになった。 医療品などがもっと手に入るようになれば、ふだんの時と変わりないように感じられるだろう。

 強姦も強奪もなくなってはいないが、繰り返し述べたところで何の意味もなく、陳腐な繰り言となってしまう。脅し、賄賂が横行し、この救済機関にゆさぶりをかけようとしている。 燃料や食糧供給に従事する者もいる。委員会では一袋一〇ドルで販売しているものを、彼らは日本軍から一袋四ドルで購入。それもそのはず、日本軍にとっては元手のかかっていない戦利品なのだから。


 今日、牛をあと四頭いらないか、と聞かれた。乳がとれるので場所さえあれば喜んで引き受けたいところだ。これまでに助けた牛の餌さえ問題になってきている。

 きょう、領事館警察官、田中に関する面白い情報が耳に入った。田中は私たちを連れまわって、盗まれた品物を探すのを手伝ってくれたのに、その当の本人が、あちこちから細かいものを盗み取っているところを目撃されていた。きのう彼が瀟洒なドイツ人邸宅から出てくるのを、スベルリングが目撃。 彼があれほど賞賛していた素晴らしい珍品を人力車二台に満載していたそうだ。



一月十二日

 おまえたちはようやく今日上海に着くそうだね。いろいろ尋ねたいことがあったが、すべてこれで氷解した。なにはともあれ、アメリカンスクールに行くのだろう。これからはこちらに手紙を書けるようになると思う。 イギリス、ドイツ、アメリカのどこの大使館員でもよいから、南京に出かけそうだとわかったなら、頼めば便宜を図ってくれるはずだ。

 日本の新聞社の人たちが、わずかな飛行便で手紙を持ってきてくれたが、しかし、それらはもちろん開封されていた。 おまえが持ち出したものはほんのわずかだろうし、残してきたものがどうなっているかということは、あまり楽観していない。

 私たちにはブラディ博士がなんとしても必要だ。なんとかして彼に来てもらいたいと思っている。援助してくれる人が欲しい。ミニはとくに独身の婦人ヘルパーを望んでいる。 ともかく、南京に来れそうな者は必ず自分用の身の回り品、食料、寝具は持ち込まなければならない。私たちの家には、家具を除くとなにひとつそれらの代用品となるものはない。

 私たちはみな忙しすぎて、自分たちの財産を見回ることもできないでいる。病院からそう離れていないところには、しばしば出かけて行くのだが、それくらいではたいして役には立っていない。

 南京入城の当初二、三日間、日本兵は日本大使館とアメリカ大使館両方の封印を完全に無視して、住宅に幾度となく押し入り、略奪を働いた。 日本兵を完全にシャットアウトできる方法を先に見つけないかぎり、ごたごたの整理など無駄なことだ。それでも、ほんの数えるほどだが、安全なところに物を動かせたところも、ないではない。(P267-P268)

 私はいまだに壁、戸、窓の修理を頼めないでいるし、留守番もおけないでいる。日本大使館発行の布告や書状すら、日本兵にはまったく眼中にないので、手を付けられないものなど皆無だ。

 中国人は、たとえ外国人宅に居住していようがいまいが、中国人ということだけで、強奪にあいやすく、また銃剣の被害をうけやすい。 私たちも、ある時には日本人ガイドを雇ったが、彼らは暖がとれるように木炭ストーブ、食糧、家具等を要求した。アメリカ大使館員は日本人ガイドを雇ったが、翌日に解雇してしまった。



一月十三日

 万歳! おまえが上海で書いた手紙が届いた! アメリカ大使館気付にすれば、そちらに届くことがわかったので、これからは、おまえに手紙が書ける。おまえもそうしてくれ。

 きょうも忙しかった。朝早く、和平門に牛の餌を取りにいったところ、前の日に焼かれてしまっていたので、玄武湖の近くに行き、車に半分ほど餌を手に入れてきた。 これとは別のところで、棉の種の飼料を車一台分入手。このところ救急車は何役もこなしている。もう一台分積みに行くつもりだ。

 それから、ジョン・マギーに頼まれて、湯山出身の聖公会伝道者用の枢を入手した。彼は現状に抗議するため自殺をした模様だ。 次には、三八〇斤の大豆油、大樽を取りに出かけた。これで三ヵ月分は手持ちがあることになる。暇ができると、この種の仕事が苦になる!

 きのうは一〇〇斤の米袋一五袋を英米タバコ会社の苦力から取り上げてきた。これは鼓楼教会の中国人クリスチャン用の米だ。中華門の忠実な門衛四、五人がそこにかくまわれていて、まったく気付かれずにいる。南京のわれわれの教会に雇われている伝道活動家やその他の活動家は一人もいない。ただ、牧師が一人二人いるだけだ。

 牛をさらに四頭飼うことにした。総計八頭に子牛が二頭ということになる。この四頭は一つの小屋に一ヵ月間閉じ込められていて、悲惨な状態だったのを、子牛二頭と山羊、子山羊、各一頭を一緒に追い立てながら、 病院に引き連れてきた。鳴き声をあげ、動かないぞと抵抗するのもいたが、どうにかこうにか連れてきて前の車庫に繋いだ。患者たちへの供給肉が増えることになるはずだ。それに今まで飲んでいた豆乳が手に入らなくなったので、 私たちにも必要なのだ。

 救急車で出かけ、白菜を積んできた。中国人たちだけではできないので、誰かがついて行かなければならない。きょう蕪湖病院を卒業した優秀な看護婦をもう一人見つけた。五〇人いる看護婦のうち、 正規の看護婦は一〇人ほどだ。(P268-P269)

 今晩夕食にアメリカ大使館員たちとトリマーを招いた。トリマーは館員たちとは初対面だ。館員たちはこのような愉快なひとときがないようだ。暖房、電気、水道がまだ使用できず、家事をするのも、 食料を入手するのにも難儀している。

 それに、当然ながら彼らには、私たちがしているような活動などはないし、新聞はなし、戸外での仕事もない。自分の生活を処理するだけというのは、少々退屈のようだ。監禁も同然の彼らの様子は、塞ぎ込み、活気がない。

 上海へ行って家族に会うことを願わない者はいない。



一月十五日

 イギリス大使館員が今晩上海へ行く予定。彼は、持っていってほしい手紙があったら届けると約束してくれた。今まで送れなかったので、書き溜めていた手紙を届ける。

 状況は好転してきているが、恐ろしいことはまだ引続きおきている。一〇日ほどまえ、施療所に入っていったところ、胃と腸が一部とび出している少年がテーブルに寝かされていた。 年齢は一五歳。傷は二日経っていた。彼は定准門近くに住んでいた。 日本兵は彼を野菜の運搬作業に使役させ、仕事が完了すると、少年の持ち物を調べて六〇セントを奪い、そのあと銃剣で数度刺したという。

 イギリス大使館員たちは、私たちの話を聞いて心を痛めた。彼らはこの種の話には、あまり慣れていないので、かなり話の内容を和らげて話さなければならなかった。 ところが、偶然にも、彼ら自身かなりひどい場面に直面していたため、私たちの話はすぐに納得してくれた。

 彼らがイギリス人の財産の見回りをするため、和平門のAPC近辺を訪れたとき、ゴルフクラブが無理やり身体の内部にねじこめられた婦人の死体に道遇したという。 中国人がなぜ、まだ難民キャンプを出たがらないのか、なぜ怖がっているのかが、これでわかるだろう。私たちがいる間は、アメリカの権益のなかで中国人を保護してこれたが、そうできたのも、九牛の一毛にすぎない。

 乳牛に干し草や棉の種の飼料を与えながら、穏やかな一日を過ごした。来週は米と石炭を手早く取ってこなければならない。きょうは私が一台、グレイス・パウアーが別の救急車で白菜を取りに出かけた。 彼女は通済門まで行き、無事戻ってきた。

 外国人が災難に遭わずに境界ぎりぎりの所まで行かれるようになったことは素晴らしいことだ。最近着任した外交官のなかには、私たち全員が整列させられて、処刑されなかったことに驚嘆している者がいる。 言い換えれば、そのような場面をたびたび切り抜けてきたということにもなる。

 おまえたちが上海にいること、子供が学校に通っていることが分かって喜んでいる。おまえがすごく身近にいるような気がするし、一緒に暮らせるのも、そう遠いことではないような気がする。 家族のことをおまえ一人の責任に押しつけてしまって済まなく思っている。(P269-P270)

 本当を言えば、家族のことを言い訳にして、こうなる前に脱出しようと思っていた。ところが、教会の仕事が片づいたとき、逃げ出せないことはなかったのだが、病院の人手不足は深刻だった。 仕事の手配をする人、活動を指揮する人がどうしても必要だったのを知っていて、それを私にと頼まれたとき、拒むことはできなかった。

 いったん引き受けたが最後、私は仕事の渦に巻き込まれてしまい、たとえ望んだところで、そこから抜け出すことはできなくなってしまった。私の気持と願いはいつもおまえたちのことで一杯だった。

 ここを去って行った者のことはとやかく言うまい。そうすることも必要なことであったのだろうし、私は私で、中国人の友や使用人たちに、南京を立ち去るよう勧めて良かったと思っている。 しかし、自分がここに留まったことは良かったと思う。辛いことではあったけれど、ここにいる哀れな仲間を助ける一翼を担えたことは嬉しいことだ。

 どこかの本屋でスポーツニュースが入手できたら、手紙と一緒に送ってほしい。家族みんなの手紙を心待ちにしている。


*訳註 報告(手紙)の筆者は、鼓楼病院の牧師でマネージャーでもあったジェームズ・マッカラムにほぼ間違いない。 本書の「マッカラムの手紙」と次の「ウィルソンの手紙」を参照すれば明瞭である。


(「南京事件資料集 1アメリカ関係資料編」所収)



(2012.4.22)


HOME