南京の人口は増えたのか?


 南京の人口は増加した、従って「大虐殺」はありえない、という議論があります。「二十万都市で三十万虐殺はありえない」と並び、これまた、ネットの世界では大変ポピュラーなものとなっています。

 何人かの否定論者がこの説を唱えますが、ここでは、ネットでもよく取りあげられる田中正明氏の記述を見ることにしましょう。

 
田中正明氏「南京事件の総括」より

 日本軍の虐殺によって、南京市民の人口が減少したというならわかる。ところが実際は減少したのではなくて、逆に急速に増加しているのである。

 次の表をごらん願いたい。これには前にも述べた第一級の同時資料である。すなわち南京安全区国際委員会が、日本大使館その他米・英・独大使等にあてた六十一通の公文書の中から人口問題にふれた箇所を抽出したものである。国際委員会としては、難民に食糧供与をするため、人口の掌握が必要である。

 十二月十七日、二十一日、二十七日にはそれぞれ二〇万と記載していたのが、一月十四日になると五万人増加して二五万となっている。以後二月末まで二五万である。これはいったい何を意味するか。それは、南京の治安が急速に回復し、近隣に避難していた市民が帰還しはじめた証拠である。

 民衆は不思議なカンを持っており、独自の情報網があるから市内の治安回復がわかるのである。正月を控えて、郊外に避難していた民衆が、誘い合わせて続々と帰り始めたのである。南京占領後、虐殺・暴行・掠奪・強姦など悪魔の狂宴は六週間にわたって続いた(東京裁判)、 などということは真赤なウソであることが、これをもってしても証明されよう。だいたい治安の悪い、大虐殺の地獄のような街に、どうして民衆が続々帰還して来るであろうか?(P163)

*「ゆう」注 文中に「六十一通の公文書との表現があります。 そもそも政府の正式機関ではない「国際委員会」の文書を「公文書」と呼べるかどうかも疑問ですが、徐淑希編として知られる「南京安全区档案」には「第六十九号文書」まで記載されており、 また編者徐淑希自身も「以下におさめられている文書は、南京安全区が所有していたものすべてではなく、外務会議が幸いに入手しえたもののみである」 (『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』P162)と述べています。 実数が六十九通以上であることは確実なのですが、田中氏がどのような根拠で「六十一通」と述べたのかは不明です。
 


 上の議論に対しては、以下の指摘が可能でしょう。


1.初期の「二十万」という数字は、何らかの「人口調査」から得られた数字ではなく、「国際委員会」の、単なる「見当」に過ぎない。これと、のちの「二十五万」を並べて「五万人増加」と論じても、あまり意味はない。

2.この「人口数」は、概ね、「国際委員会」の管理下にあった「安全区」の人口であり、「南京市」全体の人口ではない。避難民の流入から「安全区」の人口が増加したことはほぼ確実だが、「南京市」として「人口増加」があったかどうかは、不明である。

3.「安全区の人口増加」を「治安回復」のメルクマールとすることはできない。人口が増加したのだとしたら、 治安が悪化した安全区外から、外国人の管理化にあってまだしも治安がましな「安全区」へ住民たちが避難してきたためである、と考える方が自然である。

(「南京の治安は回復したか」でも述べた通り、もし本当に治安が回復したのだとすれば、逆に、安全区で不便な難民生活を送っていた避難民たちが、安全区外の元の家に「続々帰還」するはずです)

 



 以下、詳しく見ていきましょう。まず、「20万」についての、田中氏が挙げる「十二月十七日、二十一日、二十七日」の記述です。

第六号文書(Z 9)

一九三七年十二月十七日

(略)

 住民に飢餓が迫りつつあるのに、もしこうしたサービスが急速に展開されなければ、人心の動揺がおきることでしょう。なかには一夜のうちに五回も家に押し入れ、強盗にあい婦人を強姦された家族もあります。翌朝になるとより安全な場所を探して引越すというのもめずらしいことではありません。

 また昨日午後、貴軍の兵站部の将校三名が当委員会に電話の復旧で当方の助けをもとめましたが、委員会の腕章をつけた少数の電話工夫は、安全区内にある自宅から追い出されて、現在、本区内にばらばらに住んでおり、所在不明です。

 もしこの恐怖状態がずっと続くとすれば、労務者たちを主要サービス機関の復旧の仕事につかせることは不可能に近いというものです。

 もし市内の日本兵のあいだでただちに秩序が回復されないならば、二〇万の中国人市民の多数に餓死者が出ることは避けられないでしょう。


(以下略)

(『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』P128)
 


 
第九号文書(Z 15)

中国、南京
一九三七年十二月二十一日
 

南京日本帝国大使館 御中
 
拝 啓

 私たちは人道の名のもとに、南京二〇万市民の福祉のために以下の措置がとられるよう嘆願致します。

1 市の大部分にたいする放火をやめ、残りの部分を、気まぐれからおこなわれたり、組織的におこなわれたりする放火から救うこと。

2 市内にある日本軍の暴行は、ここ一週間以来、市民に非常な苦痛をひきおこしているが、それを直ちに止めること。

3 略奪と放火によって、市の経済活動が停止するにいたり、その結果、全市が一つの広大な難民収容所と化したという事実を考え、また、国際委員会が二〇万市民に配給する食糧はあとわずか一週問分しかないという事実を考えれば、市民生活の正常な状態を回復する諸措置を直ちに取って頂き、市内の食糧と燃料の配給が再び十分に行き渡るようにすることを心から希望致します。

 このままで行けば、また急速に自動的に深刻な飢餓状態をひきおこすことでしょう。私たちはただ正常な生活の最低条件、つまり住宅・安全・食糧だけを要望します。

敬具
                    南京在住外国人一同
               (二二名の外国人による署名)  

(『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』P134)

*「ゆう」注 「南京二〇万市民の福祉のために」の原文は、"for the welfare of the 200,000 civilians in Nanking"です。(”DOCUMENTS ON THE RAPE OF NANKING" P48)。「南京にいる20万市民の福祉のために」と訳した方が、より正確かもしれません。

 


 
第十四号文書(Z 15)

南京安全区国際委員会
寧海路五号
一九三七年十二月二十七日
 

南京日本帝国大使館 御中
福井氏の配慮を乞う
 
拝 啓

  十二月一日に前南京市長馬氏が、安全区内の住民の保護に関する責任を当国際委員会に委託したさい、氏は米三万担、小麦粉一万袋を、市民の食糧用として当委員会に譲渡しました。食糧を必要とする場所では無料食堂を通じて無料で給食するなり、 買うことのできるものに売るなり、当委員会の裁量で利用することに、氏は同意しました。こうして食糧を売って得た資金は、住民に対する種々のサービス事業をおこなう費用と、無料食堂の燃料購入にあてる予定でありました。

(同封した十二月一日付馬前市長からの中国文の手紙を参照ねがいます。小麦粉については口頭で追加の旨通告がありました。)

 十二月一日から十二月十一日の間に、貴軍の当市にたいする攻撃によって城門を閉鎖しなければならなくなった時、当委員会は一万担の米と一〇〇〇袋の小麦粉を安全区内に何とか運び込むことができました。残りについては、戦闘が終結した後すみやかに確保できればと思っていました。

 十二月十四日付の南京日本軍司令官に宛てた手紙で、当委員会は市内の他の場所に貯蔵米を持っており、それを確保するためにトラックの自由通行許可が欲しいということに、貴軍司令官の注意を喚起しました。

 十二月十五日正午の会見で、この手紙に対する回答として、貴軍特務機関長は、既に輸送した一万担の米は自由に使用してよいこと、そして他の倉庫にかんしてはその場所を調査し警備にあたる旨を述べたのでした。

 今日にいたるまで、われわれは市の他の場所ヘトラックを運行させて貯蔵米を確保する許可を得ておりません。中国軍は一〇万担の米(当方の三万担とは別に)を南京郊外に保管しておりましたが、 その大部分は南京占領のさい貴軍の手中に落ちました。それで、二〇万市民を養うために、前記二万担の米をわれわれが確保することを、許していただけるようお願い致します。

 二週間も無秩序状態が続いた結果、当方では難民収容所と無料食堂に米を配給する以上のことは不可能となっています。しかし、現在、ある程度、市内の秩序も回復してきているので、天気が良いうちに米と石炭を安全区内へ運び込めたらと考えております。

 地区内の各家庭の手持ちの米は急速に減少しつつある一方、当方の米の配給に対する需要は急速に増加しています。もしわれわれが全住民を養わねばならないとすれば、当方の予備食料は一過間ともたないでしょう。たとえ秩序が回復したとしても、何方、何十万という難民を春まで養わねばならないことになります。

 無料食堂への当方の石炭補給は、あとわずか一週間分となりました。それで、当方としては、すぐにも石炭を手に入れることをせまられているのであります。

 貴軍当局より御高配頂き、われわれが米・小麦粉・石炭をすぐにも輸送できるようにして頂ければと思います。        敬 具

          (署名)  委員長 ジョン・H・D・ラーベ

(『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』P137〜P138)
 



 以上、いずれも、「人口は20万人である」と主張するための文章ではなく、人口はだいたい20万人くらいである、と見当をつけて、これに基づいて日本軍に対して食糧確保の要求を行うための文章であるに過ぎないことがわかります。

 中国政府当局があわただしく南京から逃げ去ろうとしていた11月末から12月初めの時期に、大規模な「人口調査」など行なう余裕があるはずもありませんし、当然のことながらそんな「調査」が行われたという記録もありません。ましてや、日本軍の占領前後の混乱期に、「調査」を行なうことなど、不可能でしょう(*)

 だいたい、陥落前後の避難民の流入・流出の激しさを考えれば、「人口」を正確に捉えるなど、誰にもできないことです。

 田中氏は「国際委員会としては、難民に食糧供与をするため、人口の掌握が必要である」と述べていますが、「人口の掌握が必要である」ことと「実際に人口を掌握する」こととは、全く別なことです。 実際のところ、結果としては、「国際委員会」が食糧を供給できたのは一部の難民に対してのみで、「20万人」なり「25万人」なりの全体に対して食糧を供給した、という事実は存在しません。(**)

 「国際委員会」がどのような根拠から「20万」 と推定したのかは、今日でも、明確に解明されたとは言えませんが、ともかくも、これは単なる「推定数」であり、信頼できる数字ではないことは間違いありません。



(*)1938年3月の「スマイス報告」にも、「「独自の数字」をできるところではどこでも手に入れた。・・・現在の南京市の人口に関しては、十二月・一月に日本軍によって登録された人数と、五月三十一日現在で新市政府が発表した登録者総計とがある」 (「南京大残虐事件資料集供廝丕横苅粥腺丕横苅)という記述が見られます。逆に言えば、「国際委員会」が利用できた「数字」が、これしか存在しないことがわかります。

(**)1月18日付「第二十三号文書」には、「住民に定期的に配給できず、食糧問題さらに重大化す。十二月十三日以来、二五万人に対し、 在庫多量なるもわずか米二二〇〇袋、小麦粉一〇〇〇袋を、売却用として放出せるのみ」との記述が見られます(『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』P146)。1月28日付「第二十九号文書」に 「目下無料米と無料食堂に依存している難民が五万人います」という記述が見られ(同P151)、この時期になって食糧供給がようやく本格化していたことが伺えますが、これがどうやら「食糧供給人数」のピークであるようです。

 いずれにしても、「20万人」全体に食糧を供給した事実はなく、田中氏の真意が「食糧を供給していたから人口を掌握していたはずである」ということにあるのだとすれば、それは明らかな間違いでしょう。





 国際委員会の「二十万人」という認識はどこから来たのか。東中野氏は、「ラーベ日記」からその認識のソースを王固磐発言に求めています。

東中野修道氏「南京虐殺の徹底検証」より


 しかし、その二十万という数字は、何に由来するものであったのか。これが長い間、不明であった。それがラーベの日記により判明する。警察庁長官王固磐の、「ここ南京には未だ二十万人が住んでいる」という談話が、国際委員会の根拠となっていたのである。

 その長官談話は昭和十二年十一月二十八日であった。十二月十三日南京が陥落し、十七日になっても、二十日前の人口数と同じであった。国際委員会は、南京陥落後も、市民数に変化がないと認識していたことになる。

(P232〜P233)
 


 「ラーベ日記」より、この「王固盤の談話」を見てみましょう。

ジョン・ラーベ「南京の真実」


十一月二十八日

(略)

 寧海路五号の新居に、今日、表札とドイツ国旗を取り付けてもらった。ここには表向きだけ住んでいることにするつもりだ。家の庭ではいま、三番目の防空壕作りが急ピッチで進んでいる。

 二番目のほうは、あきらめざるをえなくなった。水浸しになってしまったからだ。警察庁長王固盤は、南京には中国人がまだ二〇万人住んでいると繰り返した。ここにとどまるのかと尋ねると、予想通 りの答えが返ってきた。「出来るだけ長く」  つまり、ずらかるということだな!

(P76〜P77)


*「ゆう」注 該当箇所は、英訳ではこうなっています。

Wang Kopang, the chief of police ,has repeatedly declared that 200,000 Chinese are still in the city. (”THE GOODMAN OF NANKING" P39)

 素直に訳せば、「警察庁長官王固盤は、繰り返して、市内にはまだ20万人の中国人がいると言明していた」という感じでしょうか。"declare"という単語を正確に訳すことで、印象が随分と異なってきます。

 なお、上の文の通り、「王固盤発言」は、日記の前後の文脈に関係なく突然登場しており、会見の状況などは一切不明です。「ラーベ日記」には、「十一月二十一日」に王固盤を尋ねる用事ができていたこと、またそれとは別に「十一月二十三日」にラーベがティーパーティー の場で王固盤と同席していたとの記述もあり、実際に王固盤発言を聞いたのは「十一月二十八日」よりも以前のことだった可能性があります。

 付け加えると、東中野氏は、「王固盤の談話」という表現を使って、まるで記者会見の場ででも発表した数字であるかのような印象をつくっていますが、実際には上の通り、「雑談」の中での「言明」であるに過ぎません。



 これを「ソース」として断定するには、材料不足であると思われます。

 「王固盤発言」は「十一月二十八日」段階の認識ですが、その後南京は、流入もあり、流出もあり、大規模な人口移動を経験することになっています。その正確な数字は全く不明ですが、いずれにしても、この後十二月下旬以降までの間に、国際委員会が「人口に変化がない」という認識を持っていたとは、とても思われません。

 東中野氏は、「国際委員会は、南京陥落後も、市民数に変化がないと認識していたことになる」と述べていますが、それは常識で考えてもありえないことでしょう。

 そもそも、王固盤自身がどのようなソースから「二十万人」という発言を行なったのか。この時期、大規模な「人口調査」など不可能であったことを思えば、この数字自体、 王固盤の単なる「見当」であったと見るのが自然と思われます。

 いずれにしても、例え「王固盤発言」が「国際委員会」のソースであったとしても、「二十万人」という数字が何らかの根拠を持ったものであるという材料は、どこにも見出せません。




 さて、次は、「二十五万人」です。こちらの方は、ある程度根拠がはっきりしています。

第十九号文書(Z 35)

南京安全区国際委員会
寧海路五号
一九三八年一月十四日
 

南京日本帝国大使館 福田篤泰殿 

(略)

 私たちは、貴下や自治委員会と喜んで協力し、現在、経済的に生計を立てる基盤のない難民を保護するものです。その証拠には、一月十日に自治委員会のもとめに応じて当方は米販売店を閉店したし、同日、自治委員会に割当てられた米を運ぷ手伝いもしました。ところが、この米から、当方の無料食堂用と収容所用は、ただの一袋も受取りませんでした。

 貴下が登記した市民は一六万人と思いますが、それには十歳以下の子供は含まれていないし、いくつかの地区では、年とった婦人も含まれていません。ですから、当市の総人口は多分二五万から三〇万だと思います。

 これだけの人口を普通並みの米の量で養うとすれば、一日に二〇〇〇担の米(あるいは一日に一六〇〇袋)が必要となるでしょう。このことから、貴下が提案した三日ごとに一〇〇〇袋というのは、必要な量の三分の一にも足らないことが明らかです。

 今までは住民は各自手持ちの貯蔵米にかなり大幅に依存してきましたが、それも急速に使い果たされており、 米を購入したいという要求が、一月一日以来、急に高まってきました。住民が毎日少くとも一〇〇〇袋の米を購入できるように即刻取計らうべきです。そして、できるだけ早く一日につき一六〇〇袋に増量すべきです。

 米の外に、多量の小麦粉と、一、二カ月の配給分として石炭二〇〇〇トン、およびその他の燃料も購入できるようにしなければなりません。この寒空に難民がひどい苦しみをなめないようにするには、行届いた、効果的な計画が必要です。

 ですから、事態は実際にはどうなのか、そして、すでに結んだ協定がなぜ取り消されたのかをおたずねするために、手紙を書いているのです。

 難民は食べなければ生きていけませんし、米を奪われ、米を料理するのに使う燃料を奪われたならば、実際ひどい状態に陥るでしょう。貴下が直ちに軍当局に話して、この件を正して頂き、米と燃料を常時、安心して難民に供給していけるようにして下さるよう、お願いいたします。

 米や燃料が、当委員会をつうじて手に入ろうが、自治委員会をつうじて手に入ろうが、 当方にとってそんなことは大した違いはありません。当委員会の希望することは、これらの生活必需品が市民に充分供給されることです。これはできる限り商業ベースで処理するのがよいでしょう。

 最後に一言。当委員会の仕事の改善について御提案があれば喜んでうかがいたく思います。

 日頃の御援助に感謝致します。

南京安全区国際委員会委員長
(署名)  委員長 ジョン・H・D・ラーベ

(『南京大残虐事件資料集 第2巻 英文資料編』P143〜P144)


*「ゆう」注 


「国際委員会」は、「十歳以下の子供」と「いくつかの地区」での「年とった婦人」を除いた「登記」の数、「16万人」という数字から、人口を「25万から30万」と推定しています。 しかしこの通りだとすれば、「十歳以下の子供」と「いくつかの地区」での「年とった婦人」の合計は、9万人から14万人、ということになり、これは、ちょっと多すぎるかもしれません。

 アバウトではありますが、「国際委員会」の考え方に沿って試算してみましょう。のちの3月の「スマイス調査」の年齢別人口分布によれば、「10歳以下」と「60歳以上」の合計は、30.8%。ここから逆算すると、16万人/(1−30.8%)=23.1万人となります。この計算に使用した「60歳以上」は 「婦人」のみではなく男女合計ですから、実際の「人口推定値」は、これよりもさらに少ないものとするのが妥当です。

 「国際委員会」も、「25万から30万」という数字は過大であると考え直したのか、1月18日付第23号文書、1月19日付第24号文書では、「25万人」という数字になっています。上の試算では、これでもなお多いということになりそうですが、ともかくも、以降はこの数字が「一人歩き」してしまっています。
 


 つまり、初期の「20万」という数は全くの「見当」であり、特に根拠を持たない数字、あとの「25万人」は一応の根拠は持つもののやや過大、ということになります。この2つの数字を比較して「人口が5万人増えた」と論じても、あまり意味はないでしょう。

 


 以上、「人口が増加した」と言うよりは、「国際委員会が人口に関する認識を修正した」と見るのが自然なのですが、ラーベ日記を見ると、次の記述が見られます。

ジョン・ラーベ「南京の真実」


一月十七日

 ローゼンと話し合いをしたとき、すでに岡崎総領事は先日のいさかいの調停に乗り出していた。ベルリンや東京が何もいってこなければ、一件落着となる。そうなれば大変ありがたい。とにかく日本人と折り合っていかなければならないのだから。

 昨日の午後、ローゼンといっしょにかなり長い間市内をまわった。すっかり気が滅入ってしまった。日本軍はなんというひどい破壊のしかたをしたのだろう。あまりのことに言葉もない。近いうちにこの街が息を吹き返す見込みはあるまい。

 かつての目抜き通 り、イルミネーションなら上海の南京路に引けをとらないと、南京っ子の自慢の種だった太平路は、あとかたもなく壊され、焼き払われてしまった。無傷の家など一軒もない。行けども行けども廃墟が広がるだけ。大きな市が立ち、茶店が建ち並んでいた繁華街夫子廟もめちゃめちゃで見るかげもない。瓦礫、また瓦礫だ!いったいだれが元通 りにするというんだ!

 帰り道、国立劇場と市場の焼け跡によってみた。ここもなにもかもすっかり焼け落ちていた。南京の三分の一が焼き払われたと書いたが、あれはひどい思い違いだったのではないだろうか。まだ十分調べていない東部も同じような状態だとすると、三分の一どころか半分が廃墟と化したといってよいだろう。

 日本軍は安全区から出るようにとくりかえしていっているが、私は逆にどんどん人が増えているような気がする。

 
上海路の混雑ときたら、まさに殺人的だ。いまは道の両側にそこそこしっかりした作りの屋台ができているのでなおさらだ。そこではありとあらゆる食料品や衣料品が並べられ、なかには盗まれた故宮宝物まで混じっている。

 難民の数は今や二十五万人と見積もられている。増えた五万人は廃墟になったところに住んでいた人たちだ。かれらは、どこに行ったらいいのかわからない。

(P215〜P216)
 

*「ゆう」注 「日本軍は安全区から出るようにとくりかえしていっているが、私は逆にどんどん人が増えているような気がする」は、英訳を見る限りでは、正確な翻訳ではありません。

I also have the impression that instead of emptying out as the Japanese have demanded, our Zone is still filling up. (”THE GOODMAN OF NANKING" P135)

 ここには「くりかえして」に相当する単語は見当たりませんし、また、「どんどん人が増えている」は訳者の全くの「創作」です。普通に訳せば、「私はまた、安全区は、日本軍が要求していたように空になるどころか、今なお満杯である、という印象を持っている」ということになるでしょうか。


**後の「難民の数は今や二十五万人と見積もられている」以下の翻訳も、やはり不正確であるようです。


Estimates of the total population of the Zone are now around 250,000. The increase of about 50,000 comes from the ruined parts of the city. People simply don't know where to stay. (”THE GOODMAN OF NANKING" P135)

「難民」などという単語はありません。

 「安全区の総人口の見積もりは現在約25万である。約5万の増加は市の廃墟となった部分から来ている。人々は、実際、どこにとどまるべきなのかわからない」


 


 まず注意しておきましょう。ラーベは、「南京の人口」が増えたと言っているわけではなく、「南京市内の人口移動により安全区の人口が増えた」と言っているにすぎません。

 ラーベが実際に「五万人の増加」を認識していたのか。先に述べた通り、前の「二十万人」が単なる「推定値」である以上、「五万人の増加」という記述はいかにも不自然なものです。

 ラーベの真意は不明ですが、この通りだとしても、ラーベの認識は、 「安全区外には五万人の人口があり、それが安全区に流入した結果として人口が増えた」ということであり、「人口増加」を「治安回復」のメルクマールとして使えないのは、言うまでもないことでしょう。

(2004.11.6)


HOME 次へ