「日中和平工作を妨害せよ」

太田尚樹『赤い諜報員』の「コミンテルン陰謀説」


 さてここで、「日中和平工作」に関連した「コミンテルン陰謀説」を紹介しましょう。太田尚樹氏『赤い諜報員』です。

 もっとも太田氏は、この本を半分「小説」として書いている感があり、必ずしも厳密に史実に従っているわけではありません。しかしその描写があまりにリアルであることから、氏の記述をそのまま「事実」として受け止め、 「日中和平工作が挫折したのはコミンテルンの工作のためだ」と思い込んでしまう方も出てくるのではないかと思います。

 以下、「史実」と対照しながら、見ていきましょう。

*第九章「日中和平工作を妨害せよ−コミンテルンの陰謀−」の全文は、こちらに掲載しました。




まずは、「トラウトマン工作」潰しです。

太田尚樹『赤い諜報員』より

第九章 日中和平工作を妨害せよ−コミンテルンの陰謀−

(一)

 その頃東京では、ゾルゲと尾崎の間で深刻な話が交わされていた。この日、築地の料亭「錦水」で落ち合ったふたりは、二階の小部屋ですき焼きを肴に飲み始めたが、話を切り出しだのはゾルゲの方だった。

 「コミンテルンから難題を言ってきたよ。日中和平工作を潰せと言ってきているんだ。これはモスクワから、近衛の側にいる君への直接の指示と考えてもらいたい」

 「近衛総理は、アメリカが仲介を申し出てきているので、これに乗ろうとしているんだ。駐華ドイツ大使トラウトマンの仲裁より、アメリカの話の方が筋がいいと見ているんだよ」

 「それは拙いな。君から近衛に働きかけて、トラウトマンの和平工作一本に絞らせて欲しい。これなら潰し易いからな」

 「それはやってみる。だが問題は、どうやってトラウトマン工作を潰すかだね」

 「国共合作が成った今は、双方に影響力を持つ宋慶齢に働きかけるのがいい。義弟の蒋介石とは不仲だが、互いに一目おいている。オザキの上海ルートを使ってやってみてくれないか」(P262-P263)

 「近衛公が将介石と共産党に対して持ち出したい条件は、満州国の承認だ。最近将介石は、日本軍が中国本土から撤退するなら、承認してもいいと言い出している。だが共産党はそうはいかないから、宋慶齢を通じて『日本の甘い手に乗るな。 撤退を引き延ばしながら、満州国が承認されてしまったら、撤退どころか増派してくるのは目に見えている』と吹き込むのがいいと思う」  (P263)

(略)

 そこでゾルゲは、尾崎にもう一つ注文を付けた。

 「君から近衛には、日本側の条件を吊り上げるように進言してくれないか。中国に突き付ける第一条件の、『日ソ中立条約に矛盾しない形での反共協力』では手ぬるいよ。 『支那は容共日満政策を放棄し、日満両国の防共政策に協力する』とさらにもう一つ、『支那は帝国に対し、所要の賠償を速やかに為すこと』」(P264-P65)

 「いくらなんでも、それは厳し過ぎないか」

 「和平工作を潰すには、それくらいの条件を突き付けた方がいいのさ」

 実際、近衛内閣の外相広田弘毅は、参謀本部の和平案を速かに強硬な条件にして先方に突き付けたのだから、歴史とは面白いというよりも、馬鹿げた話ではある。(P265)




 まずそもそもの話ですが、本人たちの言によれば、ゾルゲや尾崎の活動は、「情報収集」に限定されたもので、それ以外の活動はモスクワから固く禁じられていた、ということです。


『リヒアルド・ゾルゲの手記(二)』


五、私のグループの政治活動

(イ) 概   説

 私は諜報以外の活動、すなわち政治的性質をもった宣伝や組織的機能に従事することは、モスクワから固く禁じられていた。 従って、私のグループおよび私はどんな個人および団体に対しても、いささかなりとも政治的な働きかけをしてはならないことになっていた。

(『現代史資料(機法.哨襯音件(一)』P204)

*「ゆう」注 以下、「われわれは忠実にこれを守ったが、ただ例外が一つあった。すなわち、ソ連の国力に対する人々の考え方に対しては、われわれは積極的に働きかけたのであった」云々と、 日米開戦前の「南進論」がほとんど唯一の例外であった旨の記述が続きますが、本題との関連が薄いので省略します。


『検事訊問調書』

第二十四回訊問調書
治安維持法違反
被疑者 尾崎秀実


九問 被疑者は諜報活動以外に政治工作をも行ったのではないか。

 私は内閣嘱託になって後は、支那問題の専門家として社会的に相当の説得力を持ち、又政治的にも近衛側近者の如き有力な人々との接触を持つに至りましたから、 ソ聯防衛の見地より政治的な宣伝なり働き掛けを行へば或程度効果があるのではないかと考へ、昭和十四年頃此の意図をゾルゲに話したことがあります。

 其の時ゾルゲは吾々の本来の任務は諜報活動にあるのであって、左様な政治工作は任務以外に属することであるからやらぬ方が良いと申して居りました。

 私としてもソ聯を擁護するが如き言説を正面より公然と行ふことは、日本の特殊事情から見て不可能の事であり、若し強いて之を行へば自己の立場が忽ち危険に瀕するは必定であり、 且つ私の接近した政治グループは何れもソ聯嫌ひの人達で之に働き掛けることは殆ど不可能でもありましたので、一応は前述の通りの意図を持ちましたが之を抛棄し、表面上は従来通りの態度を持して来ました。

(『現代史資料(供法.哨襯音件(二)』P257)



 ゾルゲ、尾崎とも同じ証言を残しておりますし、その後もこれを覆すデータは発見されておりませんので、この点は「事実」と認定していいでしょう。してみれば、上記のエピソードはそもそもありえないわけです。





 さて、この会話が交わされた時期は、トラウトマン工作が本格化した1937年11月、ということになりそうです。

 二人は、

 近衛総理は、アメリカが仲介を申し出てきているので、これに乗ろうとしているんだ。駐華ドイツ大使トラウトマンの仲裁より、アメリカの話の方が筋がいいと見ているんだよ」

 「それは拙いな。君から近衛に働きかけて、トラウトマンの和平工作一本に絞らせて欲しい。これなら潰し易いからな」

などと、アメリカの仲介を潰してドイツの「トラウトマン工作」一本に絞らせ、さらにそれを潰す、という構想を話し合っています。 しかしそもそもこの時期、「アメリカが仲介を申し出てき」た事実はありません。



 駐日米国大使、グルーの日記『滞日十年』を見ると、11月16日に、グルーが廣田外相と会見するシーンが出てきます。この時廣田は、「合衆国が最も善く助力し得る方法は、蒋介石を説得して講和交渉を開始させることである」と、 婉曲にアメリカの仲介を求めました。

ジョセフ・C・グルー 『滞日十年』

一九三七年十一月一六日

 廣田と私の会談は以下の線に沿つたものである―

(略)

 廣田はさらに言葉をつづけ、日本の中国出征は円滑に進行しつつあり、陸軍は必要と認めれば戦闘を続行することが出来るが、多分現在以上に遠く進む必要はあるまいといつた。この時平和的解決を図るのは、中国自体のためになる。 もし中国政府が南京撤退を考えているならば、これは非常に愚なことである。すでに蒋介石反対を構成しつつある将軍も何人かいて、蒋介石の位置は決して安固ではない。

 もし今講和するならば、日本の条件は「訳の分つた」ものであり、中国の領土は一尺なりとも保有するとはいわぬが、敵対行為が永く続くとこの態度も変るかも知れず、犠牲の増大に鑑みて、もつと強硬な条件が出されないとは限らぬ。

 合衆国が最も善く助力し得る方法は、蒋介石を説得して講和交渉を開始させることである。もし中国政府が交渉への気乗りを示すならば、廣田は中国代表と公然あるいは私的に話し合うための代表者を上海に送る。

(P298-299)


 しかしグルーは何も言質を与えず、廣田の依頼を聞き流した形になりました。



 11月20日には、英国大使・クレーギーが、堀内次官に対し、自分だけの考えだが、と断りつつも、英米二ヵ国による仲介を打診した、という事実はあります。しかし堀内次官は、あっさりとこれを断ってしまいました。(劉傑『日中戦争下の外交』P139-P140)


 外務省東亜局長、石射猪太郎は、こう嘆いています。


石射猪太郎『外交官の一生』より

 イギリスの仲介申し出を断わって以来、第三国からは何の申し出もない。最早、中日直接交渉への望みの綱は切れたか。(P323)

 


 従ってこの時期、潰すべき「アメリカ」の「仲介」など、存在しなかったわけです。





 さらにここでは、ゾルゲが尾崎に

 君から近衛には、日本側の条件を吊り上げるように進言してくれないか。中国に突き付ける第一条件の、『日ソ中立条約に矛盾しない形での反共協力』では手ぬるいよ。 『支那は容共日満政策を放棄し、日満両国の防共政策に協力する』とさらにもう一つ、『支那は帝国に対し、所要の賠償を速やかに為すこと』」

と指示を出し、尾崎がこれに応え、結果として「条件吊り上げ」に成功したかのように書かれています。

*「日ソ中立条約」は、1937年8月の「中ソ不可侵条約」の誤記でしょう。

 しかし太田氏は、「条件吊り上げ」への尾崎の影響力を、明らかに過大評価しています。

 11月にトラウトマン大使に出された日本側の条件は、十分寛大なものでした。しかしその後、南京占領の報に調子に乗った日本側は、「和平条件」を思い切り厳しいものにしてしまいます。

 別に近衛一人が「条件吊り上げ」を主張したわけではありません。石射猪太郎によれば、石射の和平案に対して、多田参謀次長、末次内相、杉山陸相、賀屋蔵相が、寄ってたかって口々に「和平条件加重」を求めた、とのことです。


 「和平条件加重」が行われた1938年12月14日の「大本営連絡会議」の様子につき、石射のリアルな記述を紹介しておきましょう。


石射猪太郎『外交官の一生』より

政府大本営連絡会議 ― 和平条件の加重


 連絡会議は、一二月一三日と予定されたが、その日は首相の都合でお流れとなり、翌一四日午後首相官邸において開かれた。

 呼びこまれてその室に入ってみると、近衛首相を正座に、丸い大テーブルを囲み、首相の右から多田参謀次長、古賀軍令部次長、杉山陸相、広田外相、米内海相、末次内相、質屋蔵相が居並んでいる。 風見書記官長の顔は見えず、陸・海両軍務局長が別のテーブルに控えていた。

 私は広田、米内両相の間に椅子を与えられた。はじめ私は、米内海相と質屋蔵相との間に座した海軍大将服の小柄な見なれぬ人物を誰かと怪しんだが、それは意外にも新任早々の末次内相であった。

 和平条件案は、すでに幹事から各員に配られていたので、私はすぐ説明にとりかかった。

 まずこの案が大乗的見地から立案された次第を述べ、しかもなお中国側の受諾を疑問視せざるを得ないとの観測を前提として、逐条的に説明を加えた。説明が終わると、質疑応答、続いて意見交換に入った。近衛首相は終始沈黙していた

 原案を忠実に支持したのは米内海相と古賀軍令部次長のみで、多田、末次、杉山、質屋の諸氏から出された異論によって条件が加重されていった。末次内相は折々隣席の米内海相に向って「海軍はこんな寛大な条件でよいのか」とか、 「華南地区に海軍基地として永久占領地を持つ必要はないのか」と詰問を放った。

 かねてから和平論者との評がある多田次長から、条件加重の意見が出た
のは不可解であった。わが広田外相に至っては一言も発言しない。

 私はもう我慢ならなくなった。説明以外に発言権のない立場を忘れて立ち上り「かくのごとく条件が加重されるのでは、中国側は到底和平に応じないであろう」と争った。 この発言は冷たく無視された。誰も応ずる者がないのである。

 条件の各項にわたって加重された点を、原案に対照していちいち解説する無味を避け、要点だけを摘示すれば−

  原案では、華北の中央化を妨げない趣旨にしたのが、特殊地域化の要求に変わり、
  塘沽協定を始め諸軍事協定の解消、翼察及び翼東政府の解消を規定した原案が削られ、
  南方の非武装地帯を上海周辺に限ったのが「華中占拠地に」と拡大され、
  中国側が故意にわが権益に与えた損害の賠償のみを予定した原案が、戦費の賠償をも要求し得る趣旨に変わり、
  和平協定成立後初めて停戦協定に入るべき旨の一項が付加され、

 なお日本政府は、中国側より講和使節を日本に送ること、和平交渉に入るや否やの中国側回答は、年内になさるべきことを期待する旨が申し合わせられた。

 これは明らかに、中国に降参を強いるものではないか。列席者が席を立つのを待ちかねた私は、両軍務局長に向って言った。

 「これではぶちこわしだ。もう一度連絡会議のやり直しを工作しようではないか」

 「一且きまった以上、やり直しは不可能だ」、両局長が同音に答えた。私は涙を呑む思いで引き揚げた。折から、南京陥落祝賀の大提灯行列が街路を遊行していた。

(P326-P328)



 内相、陸相、蔵相という主要閣僚が、争うように「条件吊り上げ」を決めていったわけです。別に尾崎が手を煩わせるまでもなかったでしょう。そして、尾崎が働きかけたはずの近衛は、「終始沈黙」していました。



 さらに言えば、1937年11月の時期に、尾崎が近衛に「進言」できるような間柄だったのか、疑問です。近衛自身は、こう語っています。

『予審判事訊問調書』

証人訊問調書
証人 近衛文麿


五問 尾崎秀実とは如何なる関係か。

 私は同人とは三、四回会つただけでそれは何時も牛場や西園寺と尾崎が一緒に参つたのでありました。 第一次内閣の当時顔は知つて居りましたが同人が内閣の嘱託であつたと云ふことも実は知らなかつたのでありました。(P403)

(『現代史資料(供法.哨襯音件(二)』)
 


 尾崎が近衛内閣の「嘱託」となったのは、1938年6月のことです。「嘱託」就任後ですらこの程度の関係でしたから、尾崎が1937年11月の時期、近衛に「進言」して影響力を行使できる立場にあったとは思われません。


 以上、太田氏が記述する二人の会話は、あまりに史実と食い違い過ぎます。この場面は、「フィクション」であると断定して差し支えないでしょう。




 なお、上の「略」の間には、このようなシーンが挟み込まれています。

太田尚樹『赤い諜報員』より

 そのときスメドレーは上海から遥か遠い、西安の北二百五十キロにある山中の、延安にいた。西安事件が解決して、周恩来や毛沢東、朱徳ら共産党幹部だちと共に、共産党の聖地といわれた、 この山岳ペースに戻っていたのである。

 そこはスメドレーが幼い頃過ごしたアメリカ南西部の荒れ果てた風景そっくりで、「故郷のメサ(孤立した岩台)を思い出させてくれたわ」と彼女が言っているように、周囲には赤茶けた深いすり鉢のように切り立った、高い岩の壁が連なっていた。

 その中腹にはスズメバチの巣のような砦が築かれ、スメドレーにも小さな洞窟が与えられていた。そこからは広大な中国の大地が遥か彼方まで見渡せたし、月の夜には白い月面のように早変わりした。人は山に入ると、 下界のできごとがしきりに脳裏に浮かぶものだが、このときスメドレーは、海を隔てた東京に思いを馳せていた。(P263)

 ―ジョンソン(ゾルゲ)とオザキは、コミンテルンのために危険を冒しているのはいいけど、目の前の中日戦争をどう見ているのかしら・・・。 私はあらゆる帝国主義の暴威から、この国を解放しなくては。それには、まずあの日本をやっつけて、それから蒋介石を追い落とすんだわ。それにはもう少し、朱徳や周恩来と話を詰めないと。でもあの毛沢東は粗野で、権力志向が強過ぎるのが気がかりだけど−


 実を言えばこの1937年11月頃、スメドレーは延安にはいませんでした。従って上の場面は、そっくり太田氏の「創作」ということになります。

 スメドレーが延安入りしたのは、西安事件(1936年12月)直後、1937年1月12日のことでした。そして、約8か月の滞在後、1937年9月には延安を発っています。1937年11月頃には、八路軍(中国共産党軍)の前線を回っていました。 (『中国は抵抗する』『アグネス・スメドレー炎の生涯』)

 ちょっと気になるのは、「西安事件が解決して」のフレーズです。さらにこの章の冒頭を見直すと、前の章の西安事件の記述に続ける形で、「その頃東京では、 ゾルゲと尾崎の間で深刻な話が交わされていた」となっています。

 まさか氏が、西安事件の時期を、日中戦争開始後のことと勘違いしている、などということはないとは思いますが・・・。




 さて、これに続くシーンです。「南京事件」直後、1937年12月の会話であるようですが・・・。

太田尚樹『赤い諜報員』より

 だが、ここで思いがけない出来事が起きる。この年昭和十二年(一九三七年)十二月十三日、日本軍が南京を陥落させ、そのときの大量虐殺のニュースが新聞各社を通じて尾崎の耳に入ってきた。 世にいう「南京事件」である。早速、ゾルゲを呼び出した尾崎は、いつもの物静かな微笑さえ浮かべて、こう言った。

 「これで日中和平交渉は遠のいたよ。もともと陸相の杉山元はロボットに過ぎないが、次の陸相に予定されている板垣征四郎は、『これで支那側に戦意はなくなった。 このまま押せば漢口陥落と同時に、国民政府は無条件で手を挙げる。日本側から停戦声明を出したり、撤兵を持ち出す必要はまったくなくなった』と言っているらしい。

 だが、どっこい、そうはいかない。この南京事件で、中国軍の団結は強くなるはずだよ」

 聞いてゾルゲはニンマリした。

 「もともと国共合作はモスクワの政治的発想だ。これで"抗日戦線"は強化されるね」(P265)



 板垣征四郎の陸相就任は1938年6月4日です。5か月以上も前に、「次の陸相に予定されている」などということはありえません。

 実際には、板垣の陸相就任が話題に上ったのは1938年4月頃でした。しかし現任の杉山陸相には辞任の意思はなく、近衛側は必死で「板垣陸相」実現へ向けて工作します。そして何とか板垣が陸相に内定したのは、5月頃だったようです。(風見章『近衛内閣』)



 さらに上の板垣のセリフの出典は、三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』であると思われます。その内容がどこまで正確かは疑問が残りますが、ともかくも、板垣のこのセリフは、 1938年7月、密かに来日した元亜州局長・高宗武との会見を受けてのものです。

 氏が記述するこのシーンは、時系列がめちゃくちゃなものになっています。


 なお当時において、井上久士氏が「当時の中国共産党は、 「南京大虐殺」が中国各地の日本軍による数多くの残虐事件のなかでもきわだって突出したできごとであるとの認識は稀薄であった」と述べている通り、 中国共産党は「南京事件」にほとんど関心を持ちませんでした。何で「中国軍の団結」が「強くなるはず」なのか、ちょっと理解しがたいところです。




 続いて太田氏は、翌1938年初めに舞台を移します。

太田尚樹『赤い諜報員』より

(二)

 それから年が明けた正月初め、朝粥をすすりながら「朝飯会」の席上で、尾崎はいつになく熱っぽく、語り出した。(P266-P267)

 「もう蒋介石を相手に交渉を考えていても、無為に時が過ぎていくだけだ。これからは新しい南京政府の樹立を支援して、そこから和平工作の糸口を手繰り寄せるしかないね」

 実際その後、高宗武、松本重治、尾崎らによる汪兆銘政権樹立の動きとなっていく。だが学生時代から尾崎を知る牛場は、このときの尾崎を見て心なしか心配になり、

 「これは以前の尾崎とちょっと違う。何かに操られているのではないかと思った」

 と、のちに語っている。

 それから一週間後の一月十一日、御前会議は「中国国民政府が和平交渉に応じない場合は、これと断絶し、新政府の樹立を助ける」とする「支那事変処理根本方針」が決定され、五日後の十六日には遂に、 「蒋介石の国民政府を相手にせず」の発表となった。

 ゾルゲの意を受けた尾崎は、国内世論を誘導するだけでなく国策まで変更させ、和平交渉を打ち切らせることに成功したのである。(P267)



 上の話は、1938年「一月十一日」の「一週間」前ですから、1月4日頃、ということになります。

 しかし実は尾崎には「アリバイ」があります。「朝飯会」で演説をしたというこの時期、尾崎は中国への長期出張中だったのです。

『予審判事訊問調書』

第九回訊問調書
被告人 尾崎秀実


六問 被告人は昭和十二年十二月頃から翌年二、三月頃迄支那を旅行したか。

 旅行しました。それは朝日新聞から中南支方面への戦争の情勢視察の為め特派され十二月何日かに出発し上海香港に滞在し三月初旬頃日本に帰りました。(P338)

(『現代史資料(供法.哨襯音件(二)』)


 尾崎と親交があった笹本駿二の回想録にも、そのことが出てきます。


笹本駿二『人間・尾崎秀実の回想』より


 昭和十三年四月一日門司出帆のインド洋経由欧州航路白山丸にキャビンがとれたのは二月二十日だった。

 秀実さんは十二月半ばから支那旅行に出かけてまだお留守だったので、三月十三日の東京出発だけを英子さん(尾崎夫人)にお報せしておいた。 すると二月二十五日附の速達便をいただいた。

「秀実は三月五日に帰って参ります。(略)

(P121)



 この時期、尾崎が上海にいたことは、当時の新聞記事でも確認することができるようです。


田中悦子『尾崎秀実の中国情勢の分析』


 南京陥落の少し前から翌年三月にかけて、尾崎は東京朝日新聞社の社命により、上海、南京を視察、この間に書かれた「抗日支那の行方」(『大阪朝日新聞』昭和十三年一月一日、三日、四日)では、

一、現地解決の場合、二、「北支」に戦局をとどめる場合、上海戦の初期に外国側が一つの調停案を提出した時、四、上海包囲から南京陥落までの間、それぞれ戦争を終結する機会はあった

と述べ、 「確かに蒋介石自らも和平へ乗り出すつもりであった」という消息通の中国人の言を挙げ、外人側、特に経済界の有力者は、中国の経済機構と国家機構を破壊するよりも一時に不利な条件でも講和した方が有利であるため、 何らかの形で和を申し出るに違いないと見ている、と指摘する。(P68-P69)

四日記事の最後に「上海にて」とあり、上海からの通信であることがわかる

 (『日本歴史』1994年10月号)

*追記 その後、『大阪朝日新聞』縮刷版を入手し、上記記事を確認することができました。


 従って、「1938年1月4日」頃に尾崎が「朝飯会」に出席していた、ということはまずありえないと考えていいでしょう。牛場のセリフがもっともらしく挟み込めれていますが、 この部分もまた、太田氏のフィクションであると思われます。



 太田氏は、あとがきの中で、「敢えて小説的要素を随所に取り入れた」と書いています。この言葉は、「史実に沿った形で資料にない会話を膨らませる」という程度の「脚色」を連想させますが、 以上見てきたように、太田氏の書きぶりは、「明らかに史実に反する場面を作り上げる」という域に達しています。

 読者としては、この本は、あくまで「小説として楽しむ」ぐらいに止めた方が無難かもしれません。

(2010.4.3)
  
HOME 次へ