夏琴淑さん事件
東中野氏の徹底検証 10
夏淑琴さん事件  -許伝音証言をめぐって-


   

東中野氏の「夏淑琴さん事件」に関する論稿については、その後、 「夏淑琴さんは「ニセ証人」か? −東中野修道氏『SAPIO』論稿をめぐって−」、 及び「続・夏淑琴さんは「ニセ証人」か?−東中野修道氏『「南京虐殺」の徹底検証』を検証する− 」にて包括的な批判を行なっています。



 「夏淑琴さん事件」とは、十二月十三日、南京東南部で2家族11名(あるいは13名)が日本軍に虐殺された事件です。

 事件のたった2人の生き残りである夏淑琴さん(当時8歳)は、マギー牧師に対して事件の概要を語りました(『ドイツ外交官の見た南京事件』P176〜P177)。そして50年後、彼女は、本多勝一氏に対しても、事件のことを語っています(『南京への道』文庫版P197)。

 東中野氏は、上記マギー牧師の記録と『南京への道』の細かな相違点を針小棒大に取り上げ、 「もし語るのであれば、「八歳の少女(夏淑琴)」は事実を語るべきであり、事実をありのままに語っているのであれば、証言に、食い違いの起こるはずもなかった」(P248)とまで言ってのけます。 その相違点というのは、被害者が「11人」か「13人」か、事件後に家の中に隠れていた期間が「1週間」か「2週間」か、という、事の本質に関係のない、ほとんど、どうでもいいレベルのことです。

 当時8歳の少女の50年後の回想に、そこまでの細部にわたっての「正確性」を求めようというのが、土台無茶な話です。 重要なのは、「夏淑琴さんの家族、そして隣家の人々が、夏淑琴さんとその妹を除いて皆殺しされた」という事実です。その一点は間違いなく両方で共通しているし、またそれで十分でしょう。





 それはともかく、東中野氏の「トリック」を解説しましょう。まず、東中野氏の記述から。


ここに、もう一つ、この「八歳の少女」の語った事件にかんして、許伝音が東京裁判で証言したことを付け加えておきたい。 ・・・許伝音は十七歳(十六歳の間違い)と十四歳の少女の死体が「テーブルの上の血の海の中」と「ベッドの血の中」に横たわっていた、と証言した。 「日支紛争」の中のマギーの説明によれば、マギーが現場に行ったときは、すでに「死体が全て取り除かれ」ていたのではなかったか。これは許伝音の偽証であった。

(「徹底検証」P250〜251)


東中野氏の引用する、「日支紛争」の中の「マギーの説明」は、以下の通りです。

 

(略)写真撮影者の私が、この話の一部を得ることができたのは、上の八歳の少女からで、詳細は一人の隣人と一人の親戚から語ってもらって、確認と訂正ができた。
兵士たちは毎日この家に物を取るためやってきたが、二人は古い敷布の下に隠れていたので発見されなかったと、この八歳の少女は語った。

このような恐ろしいことが起こり始めた時、近所の住民はみな避難民地帯に逃げた。それから十四日して、このフィルムに出て来る老女性が近所に戻って、二人の子供を発見した。 その後、死体が全て取り除かれたあとの部屋に、写真撮影者の私を案内したのは、この老女性であった。 彼女や、シアさんの弟と、この小さな女の子に対する質問を通じて、恐るべき悲劇についての疑問の余地なき理解が得られたのである。

(「徹底検証」P242)


確かにこれだけを見ると、許伝音は部屋の中で「死体」を目撃したはずなのに、実際には部屋からは既に「死体が全て取り除かれ」ていたように読めます。実際はどうだったのか。以下、見ていきましょう。




まず、「許伝音」の「証言」から。なお、東中野氏の引用部分は、正確には「証言」ではなく、「証言」とは別に文書で提出された「宣誓口供書」の記載です。以下、引用します。

極東軍事裁判 許伝音 宣誓口供書

 十三才以上、七十以下の女と云ふ女は日本兵<に>陵辱されました。 屡屡続けざまに陵辱を受けたのであります。幾千とも知れない女達は、日本兵に陵辱された揚句に殺されて屍体までも汚されて居ました。 市中及び其の外郭で繰り返し行は<れ>たこの兵士共の行為の例証として、私は南門の『シンカイ路七番地』の例を引用します。その家では十一人が殺されたのであります。

 (略)その家族には十七と十四になる二人の未婚の女の子がありました。二人とも兵士に陵辱を受け<た>揚句に殺されました。 一人の女の子はテーブルの上の血の海の中で膣に棒切をつきこまれて横<た>わつて居り、もう一人は香水の瓶を膣につきさされて『ベッド』の血の中に横<た>わつて居たのでありました。

(「南京大残虐事件資料集 第1巻」 P29)

 第一のトリック。東中野氏は、引用部分をあたかも許伝音の「目撃証言」であるかのように語っていますが、これは、「兵士共の行為の例証」としての「引用」であり、「目撃証言」ではありません。

 「血の中に横<た>わつて居た」云々は、本人の「目撃」ではなく、「第一発見者」から聴取したことをそのまま「口供」したもの、と考えていいでしょう。


 実際の「目撃証言」は、次の通りです。

極東軍事裁判 許伝音証言

・・・是等の強姦された婦人の中二人は十四歳であり、一人は十七歳でありました。 ・・・此の若い娘さんは卓の上で強姦され、さうして其の卓の上にまだ血が流れているのを私は見ました。 それから私達は又其の死骸を見ました。是等の死骸は其の家から数「メートル」離れた所に放ってあったのであります。「マギー」さんと私は是等の死骸の写真を撮りました。 何となれば是等の死体は裸であり、さうして酷い傷を受けて居つたことがはつきりして居つたからであります。

(「南京大残虐事件資料集 第1巻」  P29)

 部屋から「取り除かれた」死体は、実は家から数「メートル」離れたところにあったわけです。許伝音は、家の外で死体を目撃し、「マギー」とともに死体の写真を撮りました。




「マギーの説明」の方も、見ておきましょう。この文は、「徹底検証」が出版された1999年より後の2001年に出た、「ドイツ外交官が見た南京事件」に収録されていますが、これを読むと、この文は、実は「マギーフィルム」の解説書であったことがわかります。

「ドイツ外交官の見た南京事件」と東中野氏の引用を比較すると、東中野氏の方には、最後の2行が脱落していることに気がつきます。

マギー牧師の解説書(最後の2行のみ引用。東中野氏の引用文の続き)

・・・彼女と夏氏の兄、さらには八歳の少女に問いただすことによって、この惨劇に関する明確な知識が得られた。このフィルムは、同じころに殺害された人の屍の群に横たわる十六歳と十四歳の少女の死体を映し出している。夏夫人と彼女の赤ん坊は最後に映し出される。

(「ドイツ外交官が見た南京事件」P177)


 東中野氏は、マギーが死体を目撃していないかのような文を書きましたが、実際には、マギーも死体を目撃して、これを撮影していました。東中野氏は、以上、3つのトリックを使って、「許伝音の偽証」を作り上げたわけです。




なお、こんな記述もあります。

その許伝音が、東京裁判に出廷した。そして、先の現場を、マギーと一緒に見に行ったと語った。が、それなれば有力な証人ともなるので、先のマギーの記録にそのことが明記されていておかしくないのだが、何も書かれていなかった。

(「徹底検証」P250)


  「先のマギーの記録」(「マギー牧師の解説書」)は、フィルム内容の解説です。実際に読めばすぐにわかりますが、ここに書かれているのは事件の概況説明であり、特に「同行者」について触れる必要はない文章です。こんなことをあえて「疑問」に思う必要はないでしょう。


前へ HOME 次へ